秋月のRG58を測ってみる

秋月電子で2021年11月に扱いが始まった「両端BNC RG58 10m」を入手したので、NanoVNA-H4を使って特性を見てみる。

NanoVNAを使った同軸ケーブルのいろいろな測定はこちらに一覧をまとめている。

NanoVNA、S-A-A-2、LiteVNA、および、それによる測定などの主だった記事一覧。 基本的な本体操作方法はNanoVNA...

外観等

秋月の販売ページには「RG58」とだけしか記載されていないが、ケーブルには「RG-58/U」と印字されている。

機械的な長さは10.06mだった。3.5mの巻き尺を使っての手動計測なので誤差はそれなり。

なお、ケーブルがやや硬い(しなやかではない)。

減衰量

表にしておく。

周波数 [MHz]減衰量 [dB]
100.4
500.8
1501.5
4502.9
5003.0
7503.8
9004.0
12004.6

周波数の高い方は測定結果が暴れる(NanoVNA-H4の限界)のでなんともいい難い。いずれにしても、実用的にはHF帯だろう。そもそも、RG-58/Uだし。

波長短縮率

先端開放でλ/2の周波数を求める。上の結果から、9.88MHz。この周波数のλ/2は、150/9.88=15.18m。

機械長が10.06mだったので、10.06/15.18=0.66。波長短縮率は、66%。

長さ

TDRで長さをチェック。速度係数(波長短縮率)は上で求めた66%。

10.05mと、メジャーで測った値と(ほぼ)一致。

インピーダンス

TDRでレジスタンスとリアクタンスを表示。

リアクタンスはほぼゼロ(-170mΩ)。レジスタンスは50.00Ω。よって、インピーダンスは、ほぼ50Ω。

まとめ

当たり前といえば当たり前だけど、特段問題なし。

ただし、上に書いたように、ケーブルがちょっと硬いので、取り回しづらい。そういう意味で扱いやすいのは以前からあるRG-58C/Uの方。価格面では、今回測定したRG58の方が少し安い。


【追記】

切って中を見て驚いた。

秋月で新たに扱い始めた「両端BNC RG58 10m」を切ってみたところ、中身が衝撃的だった。 いきさつ こないだ、秋月電子の...