ALLPCBの無料クーポンを入手する方法

【追記】

不正取得が多いため、(個人向け)無料クーポンは終了したとのこと。詳細はこちらの記事で。

先日、ALLPCBの公式Twitterからこんな投稿が。 Free Prototypeクーポンの適用条件を変更し、対象者...

以下、以前の記事。そのまま残しておく。


ALLPCBではプリント基板製造の無料クーポン(Free Prototypeクーポン)を配布している。これは、毎月一回、送料も含めてすべて無料で試作基板を作ってくれるという太っ腹な企画。おかげで、これまでに色々と「へんなもの」を作ってきた。直近の「へんなもの」はプリント基板八木アンテナ。無料だからこそ、こういうものも「ちょっと試してみるか」という気になる。

ところが、最近「無料クーポンがもらえなくなった」という声をちょくちょく聞くようになった。実は10月分(2021年)からルールが変っているのだけど、それについてWebサイトに情報がないからだろう(見つけられないだけ?)。

以前は無条件で自動的に付与されたのだけど、次のように変った。

  • 新規登録者には無料クーポンが発行される。
  • それ以降は、一度有料で製造すると、翌月から六ヶ月に渡って無料クーポンが発行される
    • 有料製造の金額は問わない。

前記のとおり、Webサイト上にはこういう記載は見当たらないけど、公式Twitterがそういう話をツイートしている。

そういうわけで、10月に一度有料発注をやってみた。最小限の5枚、サイズは100x100mmで。

基板製造代が$5.00、送料が$12.00。PayPalで支払ったら手数料がかかって、合計で$17.78。これで11月以降、六ヶ月間に渡って毎月無料クーポンがもらえる。

送料がやや高いのが難点。でも、今は配送業者の選択肢が増えて、低料金の「SF EP」という業者が利用できるようになっているので、もうちょっと安く済ませられるみたい。

基板製造代の$5と合せて$13。配送日数が長めではあるが、その分、安い。DHLも以前より値下げされているので、急ぎならDHLで。

SF EPを使えば、PayPal feeがいくらになるのかわからないけど、ざっくり$14.00くらいで七回の発注を行える計算。一回あたり、日本円で250円位ってところ。ものすごく安い。利用する回数が少ないと割高になるが、それでも、二回利用するだけで一回あたり800円くらいで済む計算。そう考えれば損するってことはなさそう。

ALLPCBのFree Prototypeクーポンの特長は、サイズが100x150mmまでOKという点。正確には、面積が0.015m2以下、かつ、長辺が150mm以下。なので、例えば120x120mm(面積0.0144m2)でも大丈夫。これは大変ありがたい。1200MHz4エレ八木を作れたのもこのおかげ。

補足というか、注意点は以下。

  • 以前は面積だけの制限だったが、今は上記の通り「長辺が150mmまで」との制限が加わっている(50x300mmなんてのは不可)。
  • アルミ基板は100x100mmまで。
  • 有料発注の場合は、長辺が100mmを超えると金額が上がる。

以上は2021年12月時点の話。将来変更されないとは限らない(というか、未来永劫このままってことはないだろう)。今、お得に利用できるのなら使わない手はない。

ALLPCBのサイトはこちら。ここから登録すれば、即、無料クーポンが使えるはず。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク