WSJT-XのQSY機能?

40mb FT8をモニタしていたときのこと。

「あ、パナマはおニュー」と思ってダブルクリックしたら、こんなことになった。

強制的にQSYさせられたわけだ。もちろん、実際に無線機の周波数も連動して動いた(CAT制御しているので)。

よく見たら「CQ 093」とある。エリア指定呼出だったのかなぁ?いや、WSJT-Xがそう言う反応をしたということは、やはり、周波数指定のCQだったのか?間違いだと思ったのですぐに周波数を戻してしまったが、しばらくモニタすればよかったな。


【追記】

WSJT-Xのマニュアルを見たら、こんな記述が。

10.4. Center

<中略>

– With Split operation activated on the Settings → Radio tab, in MSK144 and the fast JT9 submodes you can activate the spinner control Tx CQ nnn by checking the box to its right. The program will then generate something like CQ nnn K1ABC FN42 for your CQ message, where nnn is the kHz portion of your current operating frequency. Your CQ message Tx6 will then be transmitted at the calling frequency selected in the Tx CQ nnn spinner control. All other messages will be transmitted at your current operating frequency. On reception, when you double-click on a message like CQ nnn K1ABC FN42 your rig will QSY to the specified frequency so you can call the station at his specified response frequency.

http://www.physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx-doc/wsjtx…

やはり、周波数指定のCQ機能があるようだ。

スポンサーリンク