QSOパーティ、FT8のおすすめシーケンス

今日はJARLのQSOパーティ。まず、規約。

一昨年、去年と、FT8でやってきて、そうした話をブログに書いてたからか、ここのところ急にそのときの記事のアクセスが増えている。

というわけで、事前準備としてまとめ記事みたいなものを書いておこう。

なお、WSJT-Xが対象。他のソフトは使ったことがないので。

おすすめメッセージ

まず、FT8では、基本はオートシーケンス。なので、これを念頭に置かないとスムースに進まない。それを踏まえたメッセージがこちら。

※相手局を、仮に「JA1QRZ」としている。

Tx1、Tx2、Tx3は自動的に入るもので特に問題はないはず。

Tx4は「RRR」にする。「RR73」だとここでシーケンスが終了してしまい、オペレータ名を伝えられない(QSOパーティではオペレータ名の交換が必須)。「Tx4」のボタンをダブルクリックすると「RR73」と「RRR」がトグルするので「RRR」にしておく。

Tx5に「OP 名前 73」を入れる。これでオペレータ名を送信する。「名前」は最大7文字(全部で最大13文字(空白を含む))。このTx5のメッセージは、QSO開始の度に標準の「相手局コールサイン 自局コールサイン 73」に置き換わってしまうので、都度、再設定する。マクロを使うと便利(後述)。

Tx6はCQ時のメッセージ。「CQ」の後ろに「NP」(New year Party)と入れるとQSOパーティ参加局だと分かりやすい(電信の形式に合わせて「NYP」の方が良さそう(経緯は後述))。

以上。

この流れでQSOしたサンプル。

マクロ

Tx5の「OP 名前 73」は、Tx Macrosに入れておくと便利。

FT8で送れるメッセージの最大長は13文字(空白も含めて)。マクロには13文字よりも長く登録できるので要注意(送信時に後ろが切られる)。「名前」が短ければ、「OP JOE HNY 73」などでも、もちろん、OK。ただし、「73」の前には空白を忘れずに(理由は後述)。

「UR NAME?」は、相手からオペレータ名が送られてこない(または、デコードし損ねた)ときに送る。

マクロとして登録したメッセージは、ドロップダウン形式で選択できる。

前述の通り、QSOシーケンスが始まるとTx5のメッセージは標準の「相手局コールサイン 自局コールサイン 73」が設定されるので、このマクロ機能を使って「OP 名前 73」に入れ替えておく。

おすすめしないメッセージ

一昨年、去年、オペレータ名の送信はいろんな形式を受信した。その中で、以下の形式はオートシーケンスが上手く機能しなかった。

    OP 名前 TU73
    OP 名前 TU
    RR OP 名前
    OP 名前 HNY73

WSJT-Xでは「73」(または、「RR73」)を受信しないと「RRR」を再送信する(先に進まない)。「73」の前には空白が必要(例外は「RR73」だけのよう)。

こうした形式は手動対応が必要にななってしまう。そこで、オートシーケンスがちゃんと進む「OP 名前 73」の形式にしてもらえると助かる。

JT65ではオートシーケンスではないので、これらの形式でも問題ない(人が読んでわかれば大丈夫)。

CQの際、「CQ NY ~」や「CQ NYP ~」は米国局の呼出と認識されるみたいなので、止めた方が無難だと思う。

去年よりもソフトウェアのパージョンが上がっているので挙動が違うかもしれないけど。


【追記】

WSJT-X 2.1.2では、「CQ NYP ~」でも大丈夫なようなので、こっちの方が良さそう。

FT4は?

FT4だとTx4ボタンをダブルクリックしても「RR73」のままで変らない。ここでシーケンス終了が前提のようなので、オペレータ名の交換が難しそう。


QSOパーティの提出書類(サマリシートとログシート)の作成。書いておかないと忘れそうなので。 QSOパーティは紙での提出に限定されてい...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク