TS-690でのJT65送信時の周波数と送信電力

イマイチわかりにくいタイトルだけど…。

つまり、JT65の送信時に電力計の針がフラフラするのがずっと気になっていて、信号の周波数によって送信電力が変化しているわけなので、実際のところどれくらい変化するので調べてみたという話。

構成は、WSJT-X、TS-690、SWR計(通過型電力計)、ダミーロード。これで、WSJT-XでTuneモードを使い、Tx周波数を変化させたときの電力を測定する。事前の実験で、2000Hzあたりが出力電力が最も高くなるようだったので、この周波数で10W程度の出力にして、あとはTx周波数を変化させるだけで他は固定する。

以下が測定結果。念のため、二つのバンドで測定した。

Tx周波数[Hz] 7MHz帯[W] 14MHz帯[W]
200 0.0 0.0
300 0.1 0.1
400 0.2 0.1
500 0.6 0.4
600 1.2 1.1
700 2.0 1.9
800 2.8 2.6
900 3.5 3.5
1000 4.2 4.0
1100 4.9 4.2
1200 5.0 4.6
1300 5.2 5.0
1400 5.6 5.4
1500 6.5 6.0
1600 8.2 7.8
1700 10.0 9.2
1800 11.2 10.2
1900 11.6 10.2
2000 11.0 10.0
2100 10.5 9.8
2200 10.0 9.2
2300 9.2 8.2
2400 7.2 6.2
2500 4.8 4.4
2600 2.5 2.2
2700 0.6 0.4
2800 0.0 0.0
2900 0.0 0.0

送信周波数によって大きく出力電力が変化するのが分かる。上下の端の方ではパワーが出ない(0.0Wとしているところでも0ではなかったが、小数点一桁以下)。とは言え、WSJT-XのPwrスライダを動かせば送信出力は変化させられる(上げられる)ので、この表で出力電力が小さいことそのものが問題ではない。それよりも、あまり離れていない周波数での出力電力の変化が問題。

JT65では、約180Hzの幅で信号を変化させる。したがって、この範囲で電力が変化するようだと、実質的に出力が小さい場合と変らなくなる(強い部分しか届かずにデコードできない)だろうから。

JT65の送信信号は、Tx周波数として指定したところからプラス側に振っている。したがって、500~約680Hzの信号を送信する。例えば、この表だと500Hzと700Hzとでは、送信電力が3~4倍違う。言い換えれば、ピークを10Wとすると、3~10Wでフラフラする信号を送信することになる。一方、1800Hzであれば、2000Hzまでほぼ一定なので、10Wでずっと送り続けられる。この差は大きい。

概ね、1000~2100Hzの範囲なら+200Hzとの差は比較的小さい。なので、この範囲で使うのがよさそう。しかし、中には、1400Hzと1600Hzとでは、約1.5倍違うところもある。こういう落とし穴的な周波数もあるので注意が必要か。そうしてみると、1000~1300、1700~2100Hzあたりを使うのが望ましいかな。

しかしこれはどういうことなんだろう?SSB(USB)で音声が聞き取りやすいカーブなのかな?データ専用の信号入力端子を持った無線機ならフラットな特性なんだろうか?

ちなみに、JT9は周波数偏移が狭いので、この周波数特性のために送信電力がふらつくような影響は受けない。また、JT9+JT65のモードでJT9を運用するなら+2300Hzまでが実用範囲。


【追記】

1000~1300Hzあたりでパワーを上げようとするとALCがビンビン振れまくる。なので、最も効率がいいのは1700~2100Hzあたりのようだ。

コメント

  1. JA4OPW より:

    手持ちのTS-480でも同様に出力変化が有るのは確認しています。以前デジモードの申請時に,マイクラインからの入力なら変更届だけで良いが,アクセサリコネクタからの入力は保証認定が必要と言う根拠として,マイクラインにはフィルタが組込まれており,デジタルモード時の信号もマイクラインからで有ればフィルタを通過するから,,,と言われた事が有り回路その他を確認した事が有ります。実際の所,アクセサリラインからでも,全てでは無いですがLPF等を通過,ハイブースト等が出来る様なDSP?回路も通っている関係からリグ自体でもAF周波数によって出力が変わってくるのかと思っています。
    まともな測定器が無いので,あくまでも想像ですがね...^^;

    • jh4vaj より:

      「根拠」についてはよくわかりませんが、それは置いておいて。

      TS-690の回路図を見てみたところ、アクセサリコネクタからのデータ入力ラインには0.1µFのカップリングコンデンサが入っていました(そのCから10kΩVRを通った後は抵抗を介してマイクとミックスしてマイクアンプへ)。このCを大きめにしてやれば低域側の特性が改善するかもしれない気がしてきました。