Raspberry Pi Zero W + Volumio2、最初の設定~ネットラジオを聞けるようにする

VolumioをRaspberry Pi Zero Wで動かそうとしたときに、最初に悩むのが「どうやって設定するの?」っていうことだろうと思う。何しろ、ディスプレイもキーボードもなく、USB端子はMicro USB。その上、ネットワークはWi-Fi。

実は簡単で、最初はVolumio2自体がWi-Fiのホットスポットになってくれる。つまり、Wi-FiのアクセスポイントとしてVolumioが見える。実によくできている。おそらく、Raspberry PiのネットワークインタフェースがWi-Fiで、かつ、設定されていない(初期状態)であればホットスポット動作になるようにVolumioが作られているんだろう。

ということで、実際の設定方法を図解で。

VolumioをmicroSDに書き込む

まずは、Volumioのイメージをダウンロードし、、ZIPを展開。この辺りはざっくり省略。

これをmicroSDに書き込む。Volumioのダウンロードページによれば、書き込みツールはEthcherを使うように書かれているのでダウンロードし、インストール。

インストールしたら起動。

Flash from file」をクリックし、先程展開したVolumioのイメージを指定。

続いて、書込み先を選択。

Select target」をクリック。

書込み先のメディアを選択。ここでは「SDHC Card」。見ての通り、標準ではハードディクス等は出てこないようになっている。致命的な事故を起こさないような安全設計。イメージ書込みツールとしてEtcherが挙げられているのはこのためかな?

メディアを選択したら下の「Select」ボタンを押す。 

Flash!」で書込み開始。

書込み中。

検証中。

書込み終了。Ethcherは閉じてOK。microSDカードを抜く。

初期設定

Volumioを書き込んだmicroSDをRaspberry Pi Zero Wに差し込んで電源を投入。起動にしばらくかかるので待つ。経験的に、2分半から3分くらい。

ここでは、iPhoneを使って進めるけど、Wi-Fiインタフェースを持ったノートPCなどでも大丈夫なはず。

Wi-Fiの接続先をVolumioにする

設定先として「Volumio」を選択。

接続先が切り替り、しばらくすると自動でVolumioにつながる。

最初は言語設定。言語も自動判断しているようで、「日本語」が選ばれている。これで良ければそのまま「Next」。後で変えることもできる。

システム名の指定

このまま初期設定を進める。

システム名の指定。デフォルトは「Volumio」。ここで入力した名称をアクセスする際に使うことになる(http://volumio.local でアクセスすることになる)。ここでは、デフォルトのままで(これも後で変更できる)。

出力先(DAC)の指定

続いて、オーディオ信号の出力先の指定。

ここでは、I2S接続のDACを乗せているものとする。より具体的には、このシステムが対象。

【注意】頒布品は「基板+α」です。キットではありません。 かなり長い記事です。下の目次を目安に、必要なところをご覧ください。...

とは言え、設定方法は一般的なもの。

I2S DACなので、「I have an I2S DAC」は「YES」。

Select your i2s DAC」は使用しているDACに合せて。ここでは「HiFiBerry DAC」を選択。「Next」で先へ。

ユーザインタフェースのカスタマイズ

次の画面が表示されるまでには少し時間がかかる。

オプション類をすべて表示するか、シンプルな画面にするかの指定。デフォルトはフル表示(I want the full set of options)。このまま進める。

ネットワークへの接続

接続するWi-Fiアクセスポイントを選び「Next」。

そのアクセスポイントのパスワードを入力する。

接続」を押す。とはいえ、この場ですぐに接続されるわけではない。

実際に接続が変更されるのは初期設定がすべて終ってから。

ドライブの接続(割愛)

ここでNAS等への接続を設定できる。が、それは後でできるので、取り敢えずパスしてそのまま「Next」。

これで初期設定は完了。

Done」を押す(気に入ったら寄付を検討)。

再起動

I2S DACを変更するとシステムの再起動が必要らしい。「再起動」が促されるので、素直に押す。

一旦、この画面に。

再起動するまでには、最初の起動と同様、またしばらくかかる。

接続先変更

この後、Volumioが再起動するとホットスポットモードではなく、(宅内の)Wi-Fiにつながる。そのため、iPhoneの接続先を変更する(元に戻す)。

DNSキャッシュをフラッシュ

ホットスポットモードで起動した際のDNSの情報をクリアする。iPhoneだと電源の入直し(他に手段がないらしい)。参考までに、Windowsであれば以下のコマンド。

ipconfig /flushdns

アクセスポイントの変更

いつも使っているアクセスポイントに接続する(先程、Volumioを接続したネットワーク)。

動作確認

そうこうしているうちにVolumioが再起動している頃。

Volumioに接続

Webブラウザを起動し、以下のURLをアクセスする。

http://volumio.local

もし、上の初期設定の際にシステム名を変更していたらそれに合わせる(例えば、システム名を「rpz」にしたならば、「http://rpz.local」)。

これで先程のような画面にアクセスできるはず。再起動からまだあまり時間が経っていなければアクセスできないので、その場合はしばらく待つ。

Mixer Typeの変更

Volumioでの音量調整ができるように、設定を変更する。

右下の歯車アイコンをタップ。

プレイバックプション」を選択。

スクロールダウンしておくと「音量オプション」という項目がある。この「Mixer Type」を「Software」に変更する。

そして「保存」。このとき気をつけるのは、ここにある「保存」ボタンを使うこと。この画面では項目ごとに「保存」ボタンがあるが、各項目に紐付けられている。ひと通り見た後に一番下にある「保存」を押したのではダメ。案外ハマりやすい罠。

こんな感じのメッセージが表示されればミキサータイプの変更として認識されている。

ネットラジオ再生

音が出ることの確認として、ネットラジオを再生してみる。

左下の音符アイコンをタップ。

スクロールダウンすると「ウェブラジオ」がある。これを開く。

Volumio Selection」を選択。補足しておくと、ウェブラジオの局選択はジャンルとか国名などからもできるようになっているが、アクセスできなくなっている局も多い。「Volumio Selection」に上がっているものだと、まず間違いなくアクセスできるので、テストではここのものを使うのが無難(局数は少ないけど)。

どれか適当にタップ。

下に選択した局が表示され、再生される。右のスピーカアイコンをタップすると音量を変更できる。

下に表示された局名をタップするとそれが全面表示になる。

前の画面に戻るには、左下のメニューアイコン(ハンバーガーメニューみたいなやつ)。

その他の設定など

音が出るところまで確認できたので、あとは一般的な(有線LANを使う)Volumioと同じ。検索すればいくらでも情報が見つかる。

NASなどの共有ドライブをマウントすれば、そこにあるオーディオファイルの再生の可能。Windowsの共有ドライブも使えるけど、これはちょっと面倒(Windows側が)。それについてはこの辺りが参考になる。

シャットダウン

Volumioはいきなり電源を切るわけにはいかない。システムのシャットダウン手続きが必要。

歯車アイコンをタップして設定メニューを開き、「シャットダウン」を選ぶ。

電源オフ」を選ぶとシャットダウンシーケンスが始まる。

しばらく待ってから電源を抜く。

以上、Raspberry Pi Zero WでVolumioの初期設定から動作確認、シャットダウンまで。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク