PR

エンジニアのニッパとハンダ吸取器

Amazonのブラックフライデーセールで買ったものが早速届いた。

NS-04 マイクロニッパ

これは特に珍しいものでもない。これまで使っていたものが切れ味が悪くなってきたので、今回のセールで新しいものを購入。

主に基板に取り付けたリード部品の足のカット用に購入した。さすがにスパスパよく切れる。ばねがあるので、仕舞うときに開きっぱなしになるのが難点と言えば難点。開き過ぎ防止の機構が付いているけれど、それよりも閉じてロックする機構があればいいのに。

SS-02 ハンダ吸取器

いわゆる、スッポン。形状としてはよくあるタイプだけど、これの最大の特徴は、先端が柔らかいシリコンチューブであること。

非常に柔らかいチューブなので、吸取り個所に密着できる。このあたりは、メーカの公式ビデオがわかりやすい。

では、実際に使ってみる。

対象は、この可変抵抗。端子の一つはベタGND。サーマルパットではあるけれど、それでも熱が逃げやすくてやりづらい相手。さらに、固定足が二つ。端子よりも大きく、その上、可変抵抗の金属ボディそのものなので、これも熱が逃げやすい。

割と簡単に取れた。GNDと固定足は一回の吸取りでは無理だったけど、二回か三回くらいでハンダは概ね吸い取れた。部品を抜くときにちょっと加熱してやったら、割と簡単に外れた。

別の可変抵抗も同様に簡単に外せた。

電動バキューム式の吸取り器並みにハンダが抜ける。対象の足数が多くなければ、こちらの吸取り器の方が手軽でいい。電動式を引っ張り出す機会は減りそう。このハンダ吸取器は今回のセール対象ではなかったのだけど買って良かった。

それから、よくあるスッポンだと先端のノズルが(シリコンチューブよりは)硬いプラスチックなので、吸取り時のショックで基板(レジスト)を傷つけることもあった。しかし、これだと柔らかいシリコンチューブなのでそうしたリスクもほぼない。想定していなかったが、結構いい副次的なメリット。

とは言え、イマイチなところもある。

レバーを押し込んだときに出てくるクリーニング棒がシリコンチューブまでは出てこない(本体の先端くらいまで)ので、押し出されたハンダくずがシリコンチューブ内に引っかかる。これは手で引っ張って抜くしかない。難しくはないけど、面倒。クリーニング棒があと5mm長ければと思うけど、そうもいかないのだろうか?

それと、本体が金属性なので、見た目はいいのだけど、レバーを押し込むときに滑る。滑り止めを付けて欲しいところ。試しに輪ゴムをたくさん巻いてみたら、滑らなくなって操作性がとても良くなった。見た目はアレだけど…。

ハンダの吸取り性能はとてもいいだけに、使い勝手がもうちょっと良くなるといいなと思う。

ENGINEER エンジニア ハンダ吸取器 SS-02

ENGINEER エンジニア ハンダ吸取器 SS-02

1,991円(02/26 03:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント