TS-690のCATのフロー制御

WSJT-X 2.5.4を使って、CATのフロー制御の設定を変えてTS-690との接続の状況を調べてみたのでメモ。要するにHandshakeの設定を変えながらTest CATを試す(4800bps、8bit、2parityはTS-690の仕様)。

DefaultはOK。

Noneはエラー。

XON/XOFFもエラー。

HardwareはOK。

NoneでもRTSをHighに固定すればOK。

もちろん、PTT MethodをCATにしてTest PTTも大丈夫。

ということで、TS-690のCATはハードウェアフロー制御。

NoneでもRTSをHighに固定すれば大丈夫。これは、以前、RTS-CTS折返しで上手く行くことを確認したのと同じ。

お借りしたケーブルでTS-690VのCATコントロールができたので、次なる解決すべきは、手持ちのケーブルで上手く行かない問題。両者の違いは、...