【KiCad】コートヤードのオーバーラップ

基板のDRCを走らせると、「コートヤードのオーバーラップ」が大量に報告されて鬱陶しい。

これは、フットプリントで定義されている「コートヤード」が干渉しているという警告。コートーヤードとは部品の占有面積みたいなものか?

例えば、ケミコンをこういうふうに近づけて配置するとこのエラーが出る。

周りの細い白い四角がコートヤード。確かに重なっている。でも、実際には部品はぶつからないので、配置可能。この「コートヤード」を守って配置するとかなりスカスカな基板になる(もしくは、部品が乗り切らない)。わかってやっているので、この警告は出してくれなくていい。

その設定は「基板セットアップ」の中。

デザインルール」の中にある「オーバーラップしたコートヤードを禁止」のチェックを外せばOK(上はすでに外した状態)。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク