ELECROW $1 VS JLCPCB $2(プリント基板5枚製造のコスト比較)

ELECROWが8月1日(2022年)から「プリント基板US$1/5枚」のキャンペーンを始めた。当初は9月1日までの期間限定だったのだけど、その後、終了日は撤回。$1は継続されることとなった。

これまで5枚での格安サービスと言えばJLCPCBの$2だったのだけど、選択肢が増えたわけで、ユーザとしては嬉しい。ということで、両者を比較してみる。なお、製造条件はデフォルトのまま。

先に結論を言っておくと、一つならJLCPCB、二つの場合は総合的に見てJLCPCB、三つ以上はELECROWがお得。以下、詳細。

送料込み総額(一注文)

$1とか$2とか言っても、それは基板の製造費。他に送料がかかるので、それを含めた総額で比較しないと意味がない。

ELECROW

下は5枚の発注を一つだけ入れた状態での配送方法。選択肢が結構多い。

一番安いのはYun Express。所要日数が8~11日と長めに設定されているけど、これまでの実績ではそんなにかからないという印象(一週間程度。でも、11日くらいはかかっても文句は言えない)。国内配送は佐川急便だった。

基板製造費と合わせて、$8.33。一枚あたり$1.67。

JLCPCB

JLCPCBも配送法の選択肢は色々。

安いのはOCS(ANAの関連会社)。ExpressとNEPと二種類あり、所要日数は同じだけど値段は結構違う。OCS Expressだと$6.79。OCS NEPだと$4.49。

Economical Global Direct Lineだとさらに安いけどOCS NEPとの差はわずは$0.02。所要日数は二倍くらい違うので、選択するメリットはなさそう。

OCS NEPを選択すると、合計で$6.49。基板一枚あたり$1.30。


【追記】

OCSの料金が下がり、非常に安くなった。詳細はこちらの記事

JLCPCBの配送オプションに「OCS NEP」という非常に安価な選択肢が追加されている。なんと、US。配送期間は4~8日と悪くない。...

複数注文

せっかくなら複数まとめて発注し、送料を割安にしたいと考えるのは私だけではないだろう。

ELECROW

五つまで調べて一覧にしてみた。配送はYun Expressで。

注文数製造代金(US$)配送料(US$)合計(US$)1枚あたり単価(US$)
11.007.338.331.67
22.009.3311.331.13
33.009.3312.330.82
44.0011.3315.330.77
55.0011.3316.330.65

JLCPCB

5枚$2で注文できるのは一つだけ。二つ目からは割引は適用されず、$4になる。

二つの注文で配送をOCS NEPにすると、合計$11.76。一枚あたり、$1.18。二つ目は$4だけど、一枚あたりで見れば二回に分けて発注するよりも一度の注文の方がお得。

以下、同様に五つまで調べてみた。

注文数製造代金(US$)配送料(US$)合計(US$)1枚あたり単価(US$)
12.004.496.491.30
26.005.7611.761.18
310.0011.5221.521.43
414.0011.5225.521.28
518.0011.5229.521.18

なお、三つ以上は配送の選択肢からOCS NEPはなくなるのでOCS Expressを選択した。ちなみに、Economical Global Direct Lineだと五つの注文の場合で配送料が$9.75、合計$27.75。一枚あたり単価は$1.11。コスト優先で日数がかかっても良いのなら、検討の余地あり。

まとめ

改めて二社の合計額だけを一覧にしてみる。

注文数ELECROW(US$)JLCPCB(US$)
18.336.49
211.3311.76
312.3321.52
415.3325.52
516.3329.52
  • 一つだけならJLCPCBが安い。
  • 二つの場合はELECROWの方が安いが、その差はわずか。製造日数も配送日数もJLCPCBの方が早いので、それを考えればJLCPCBのほうが良いと思う。
  • 三つ以上はELECROWが安い。

ELECROW

JLCPCB