保証認定 JARDとTSSの違いは?

無線機の保証認定といえば、昔はJARLだった。それが、JARDに移ったことは知っている。その後、TSSという民間企業に移管されたようだ。

が、しかし、再度JARDが参入し、今は、TSSとの二者で保証認定が行われている。どっちも一緒だろうと思いつつ比較したら、料金が違う。

TSSの保証料
http://tsscom.co.jp/hosho/annai.html

JARDの保証料
http://www.jard.or.jp/hosho/contents/guidance_04.pdf

開局申請での料金はこんな感じ。

TSS: 台数に関わらず4,800円

JARD: 1台のみなら4,000円、2~5台は6,000円、5台を超えると8,000円

一台だけならJARDの方が安いが、台数が複数になると段階的に料金が上がる。TSSは台数に関係なく均一料金。なので、二台以上ならTSSの方が安い。

一方、変更申請では、こう。

TSS: 台数に関わらず3,000円

JARD: 1台のみ3,000円、2台以上は5,000円

変更申請ならTSSにしておけばコスト的には良さそう。ただし、設置場所だけの変更の場合は、JARDなら2,500円で済む。この場合だけはJARDがお得。使い分けはこの辺りを考えればOKかな?

とはいえ、他にも違いがあるんじゃないかと思って、両者に電話して聞いてみた。

なぜ、二つの機関があるのかとの問いには、どちらも同じような回答で、一者での独占は好ましくなく競争させるための政府(?)の方針だそう。保証料などを比べてお好みの方でどうぞ、って感じだった。それと、TSSによれば、申請がJARDと分散されることになったので、それ以前ほどは混み合わなくなっているそうだ。

電話で応対して下さった方の印象は、JARDの方は非常に丁寧で、話していて気持ちがいい。言ってみれば、営業の方という感じ。TSSの方は技術屋上がりというような感じで、最初は事務的な応対だったけれど、話を進めていくうちに、かなり詳しい方という印象だった。

結局のところ、料金以外では判断のしようがない。なにしろ、「ウチは審査が甘いです」とか言うはずもないので。

それから、TSSの方と話していてびっくりしたことがある。免許の申請は電子申請もできるようになっているけれど、実際のところ、紙の方が早いそうだ。電子申請だと、総務省のサイトで申請者が自ら入力し、その結果をダウンロードしてTSSに送ることになる。それにミスがあると、申請者に連絡して、修正してもらい、再度送り直してもらう。これに手間がかかるそうだ。紙での申請ならTSSで修正を加えることができるけど、電子申請はこれができないので時間がかかるとおっしゃっていた。JARDではそういう話はしてくれなかったけれど、おそらく、同じような状況ではないか?

JARDもTSSも、保証認定したものは、その週の金曜日にまとめて各総通に発送しているとのこと。バッチ処理になっているらしい。

しかし、TSSのトップページ、過去の遺物のような作りで微笑ましい。左下に、「海外ホテル予約」というバナーがある。この会社、本業は一体何だ?

TSSトップページ


【追記】新スプリアス規則に関しては、JARDとTSSとで大きな違いがあるようだ。詳細はこちらの記事で。

TSSではスプリアスの測定結果は求めないらしい
JARDがスプリアス確認保証認定なるものを始めたが、一方、TSSはサイトを見てもその辺りついては何も触れられていない。ひょっとして、保証認定...