無線設備規則 別表第三号第7条関係 ~ スプリアス関連

新スプリアス関連の許容値の「無線設備規則 別表第三号第7条関係」を眺めていたら、アマチュア局の一部の周波数帯は「別に定め」られていることに気づいた。

まず、基本の表。

※クリックで拡大。縦に長過ぎるので適宜分割。

引用元: https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/ls…

「別に定め」があるのは、30MHz以下と、430MHz帯。

  • 30MHz以下

「帯域外」は、1W以下の場合、アマチュア局の方が厳しい。「スプリアス領域」は、5Wを超える場合、アマチュア局の方が緩い。

  • 435MHz帯

「帯域外」は、アマチュア局の方が緩い。「スプリアス領域」は、1W以下の場合、アマチュア局の方が緩い。また、この値は、50MHz帯や144MHz帯のものと同じ。

以上をまとめると、アマチュア局の場合は、次の三つの区分になる。

  • 30MHz以下
  • 50MHz帯、144MHz帯、430MHz帯
  • 1200MHz帯以上
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク