分岐導体バランの実験

以前検討した分岐導体バランの実験をしてみた。

そもそもが、シュペルトップの長さはどうすべきかから、この分岐導体バランに行き着いた。そのあたりはこちらの記事。

シュペルトップの実験で面白い記事を見つけた。 ヘンテナ・アンテナの作成 ヘンテナにはシュペルトップがつきものというか(笑 この記事で...
以前書いた分岐導体バランがどうにも気になるので、唯一見つけた参考文献を買った。 こういう本はそんじょそこらには売っていないので、素直に...

同じ効果なら、シュペルトップよりも分岐導体バランの方が遥かに簡単そう。何しろ、給電部の同軸芯線をλ/4の導体で同軸ケーブルの外部導体につなぐだけなのだから。

ということで、430MHzで実験。

まずは、ダミーロードだけで測ってみる。

SWRは1.11。周波数が高いので表面実装の抵抗を使って作ったのが良かったようで、期待通り低い値になった。

では、分岐導体を付ける。

300 / 433 / 4 = 0.1732

なので、先端から約17.5cmのところの同軸外皮をちょっと剥いて適当なワイヤを接続した。反対側は同軸ケーブルの芯線側に。これで、直流的には芯線と外部導体がショートした状態。テスタであたってみたら、ちゃんとショートしていた(笑

早速、測定。

MHz SWR
430.02 1.03
433.00 1.02
435.00 1.02
439.98 1.01

何と、非常にブロード。こんなに単純でいいのか?

試しに、こんなに変形させてみても、1.10。

バランとして機能しているのかはわからないけど、少なくともSWR上は問題ない。

ふと、145MHzで測定してみた。

うーむ、SWR 1.21。もっと、とんでもない値になると思ったんだけど…

分岐導体を外してみる。

ダミーロードを測定したわけなので、しっかり、1.01になった。このダミーロード(というか測定系)は、やはり、周波数が低い方が特性がいいようだ。

ついでに、それぞれに17cmほどのワイヤを付けてダイポールにしてみた。

この写真は撮影のために下に置いた状態だけど、空中に展開した状態では、こんな感じでそれなりのSWRになった。試しに、レピータにカーチャンクしたら反応が返ってきたのでアンテナとして動作していると考えていいと思う。余談ながら、このSWR計は送信を止めても値をホールドしてくれるので撮影は非常に楽^^

では、勢いで、145MHzでも分岐導体バランを試してみる。

300 / 145 / 4 = 0.5172

なので、約52cm。

測定。

バンドの下の方から上の方まで1.01だった。

これならシュペルトップよりも簡単で安上がりだ。でも、本当にバランとして機能しているのかちょっと不安。誰か追試してくれませんか?


使ったSWR計は、SW-102と言うもの。eBayで買った。

⇒ eBayでSW-102を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. YS より:

    同書ダイジェスト版なので64頁しか見られないのですが、分岐導体は同軸ではないですか?

    • jh4vaj より:

      すみません、おっしゃっている意味がよくわかりません。

      • YS より:

        失礼しました。コメントするページ間違えました。同書とは「ユビキタス時代のアンテナ設計」のことです。これまた間違っていたのですが、図5.6(e)で分岐導体は同軸のように見えたのですが、もろ導体なのですね。

        この手の検索をするときはUS、オーストラリア、イタリアなどハム人口の多い国のYahoo!で検索するのですが、昨晩コメントした後にUSで見つけた関連情報のリンクを貼っておきます。分岐導体バランはFolded Balun、もしくは、Pawsey Stubと言うようです。どうりでjunction conductorで検索しても引っかからない訳です。笑 3つ目のリンクの1:1も簡単に試せそうです。

        https://www.hamradio.me/antennas/coax-velocity-factor.html

        https://diydrones.com/profiles/blogs/some-more-antennae-and-…

        https://www.onetransistor.eu/2018/04/transmission-line-balun…

        • jh4vaj より:

          詳細、ありがとうございます。「分岐導体は同軸で作るのではないのか」という指摘だったんですね。私も最初はそのように思ったんですけど、単なる導体のようでした。

          また、興味深いリンクもありがとうございます。二つ目のものの最後の図が正に分岐導体バランですね。この説明ではバズーカの代用みたいに書かれていますが、バズーカ(シュペルトップ)だと先端(アンテナ側)はオープンなので、両者別物だろうと思っています。

          三つ目の1:1も簡単そうですね。

          いずれにしても、効果をチェックしたいですね。簡単な方法があれば良いのですが。