WSJT-X 2.6.0-rc5をインストール

WSJT-X 2.6.0-rc5がリリースされた。前回rc4だったので、そろそろ正式版が出るんじゃないかと思っていたのだけど、残念ながらもう一度rc版。リリースノートを見ると結構変更点がある。まだ安定していないのかな?個人的に興味をひかれたものを抜粋。

 - Improved FT8 decoding on crowded bands.

 - The Working frequency table now offers the following options:
   - Better handling of more than one frequency per band.
   - Set your preferred frequencies, WSJT-X always comes back to these QRGs when changing band or mode.
   - You can label your frequencies with descriptions (e.g. DXp AB0YXZ).
   - Option to set Start and End Date/Time, so that the frequencies automatically appear and disappear. Useful for contest or DXpedition QRGs.
   - Load a frequency table from a file to easily get all such data implemented.

 - Correct a flaw in Hound mode that sometimes prevented completion of QSOs with non-standard calls.

 - Correct a flaw that prevented WSJT-X from always initializing correctly when special operating activities were enabled.

 - Correct a flaw that caused wrong Tx frequencies to be written to ALL.TXT.

 - The GUI has been improved regarding some details. The controls now scale better at different font sizes and on different operating systems.

 - When in Hound mode and click the "H" button again, the frequency is now kept. This gives the user the following two options to return to normal FT8 mode:
    - Click the "H" button again. Then you will stay on the QRG.
    - Click the "FT8" button (or use the Settings menu). It brings you back to the default FT8 QRG.

---

【DeepLによる訳】

- 混雑したバンドでのFT8デコードを改善しました。

 - Working frequency tableに以下のオプションが追加されました。
   - バンドごとに2つ以上の周波数を扱うことができるようになりました。
   - 優先周波数を設定し、バンドやモードを変更するときに、WSJT-Xは常にこれらのQRGに戻ります。
   - あなたは説明(例えば、DXp AB0YXZ)であなたの周波数をラベル付けすることができます。
   - 開始と終了の日時を設定し、自動的に周波数を表示したり消したりするオプションがあります。コンテストやDXpeditionのQRGに便利です。
   - ファイルから周波数テーブルをロードして、簡単にそのようなすべてのデータを実装することができます。

 - ハウンドモードで、時々、非標準のコールでQSOの完了を妨げる欠陥の修正。

 - WSJT-Xが特別なオペレーティング・アクティビティーが有効な時に、常に正しく初期化されない不具合を修正。

 - 誤ったTx周波数がALL.TXTに書き込まれる不具合を修正しました。

 - GUIを細部にわたって改善しました。コントロールは、異なるフォントサイズと異なるオペレーティングシステムでより良くスケールするようになりました。

 - ハウンドモードで "H"ボタンを再度クリックすると、周波数が保持されるようになりました。これにより、ユーザーは通常のFT8モードに戻るために次の2つのオプションを得ることができます。
    - もう一度 "H"ボタンをクリックします。そうすると、QRGにとどまります。
    - "FT8"ボタンをクリックします(または設定メニューを使用します)。それは、デフォルトのFT8 QRGに戻ります。

この他にも修正や改善がたくさんある。なるほど、正式版リリースとはならなかったわけだ。

使い勝手の面では、周波数登録画面が変更され、それにともなって周波数変更時の挙動が変ったことが大きい(正しくは逆で、周波数変更時の挙動を変えるために登録画面を変えたのだろう)。DXペディションでは通常とは違う周波数が使われることが多く、その周波数を登録しているとわけが解らなくなる。詳細は上に引用したリリースノートのとおりだけど、少し視点を変えて整理しておく。

  • 登録する周波数にラベル(説明)を付けられる
  • 登録する周波数に期限を設定できる
  • 登録する周波数に「優先」フラグを設定できる
    • バンド等を変更した際には、この周波数が(優先的に)選択される
    • Houndモード時に「H」ボタンを押すとその周波数にとどまる
    • Houndモード時に「FT8」ボタンを押すと「優先」周波数に移動する

これはかなり便利。設定画面はこんな感じ。

「Pref」にチェックを入れるとそれが優先扱いになるみたい。「Description」がリリースノートで言うラベルだろう。期間はスタートとエンドが書き込めるようになっている。とりあえず、Prefだけ使ってみる。

「Pref」にチェックを入れたものには「*」が付いている。HoundモードでHボタンやFT8ボタンを試してみたら、ちゃんと上に書いた動作をしてくれた。これで「どれがFT8の標準周波数だっけ?」と悩まないで済む。

少し運用してみた。問題なく使える(当然ながら)。

rc4ではCATコントロールなしで使うとクラッシュするという問題があったが、それも解消しているみたい(しばらく運用した限りでは、その問題に遭遇していない)。

なお、rc5の使用期限は2023年3月31日。


正式版がリリースされた。

WSJT-X 2.6.0 GAがリリースされたので早速インストール。FT8で数局、問題なくQSOできた。rc4で起きていたCATなしでのQ...