Chrome・FirefoxでCtrlキーが効かなくなった

結論からいうと、犯人はESET(セキュリティソフト)。

以下、問題発覚から解決までの流れ。

経緯

きっかけはWindows Update(だと思っていた)。Webブラウザで「Ctrl+○」がおかしくなった。動作がでたらめ。同じキーでも押すたびに挙動が違う。ChromeもFirefoxも同様。EdgeはChromeと基本は同じなので、これもおかしい。ショートカットが使えなくて非常に困る。

「Caps Lock」→「Ctrl」に変更したものがおかしい

動作がおかしいのは物理キー「Caps Lock」。これをレジストリをいじって「Ctrl」にしている。このキーを使った動作がおかしい。物理キー「Ctrl」ならちゃんと動作する。

動作がおかしいのはWebブラウザだけ。他はのソフトでは「Caps Lock」の「Ctrl」でも問題ない。Firefoxの親戚のThuderbirdでもちゃんと動く。ついでに気づいたのは、Chromeなどでも「Ctrl+マウスホイール」は動く。ダメなのはキーとの組合せだけみたい。

おかしいのはChrome(Edge)、Firefoxだけ

試しに、Vivaldiをインストールしてみたところ、これは問題なく「Caps Lock」の「Ctrl」でショートカットが使える。

整理すると、Chrome(Edge)とFirefoxで、「Caps Lock」を「Ctrl」にマップしてあるものとキーによるショートカットだけが動作不良。

原因はESET

ここでふと思い出した。そういえば、ESET(セキュリティソフト)のアップデート案内も来ていて、Windowsの再起動のタイミングでアップデートされたはず。

そこで、ESETの設定変更をいくつか試してみた。その中でこれが当たりだった。

「設定」→「セキュリティツール」の「すべてのブラウザーの保護」をオフにする。

このスイッチをオフにしたらWebブラウザを再起動。そうするとChromeでもEdgeでもFirefoxでもちゃんとCtrlでのショートカットが機能するようになった。この機能、やりすぎなのかバグなのかわからないけど、ともかく、これを潰さないとWebブラウザでショートカットが使えなくて困る。


【追記】

詳細設定で、キーホード保護だけを外せばOK。詳細は下のコメントを参照。

コメント

  1. きゅーびっく より:

    自分もWindows Update後にこの症状が出ていろいろ調べたらこのESETが原因でした。インターネットバンキング保護の設定でキーボード保護だけをoffにすると回避できるようです。

    • jh4vaj より:

      ありがとうございます。詳細設定があったんですね。気づきませんでした。
      早速、キーボード保護だけをオフにしました。

      • jh4vaj より:

        「ブラウザーの緑色のフレーム」もオフにしないと、ウィンドウ単位の画面キャプチャが上手くできませんでした。