WSJT-X 2.6.0正式版がリリースされた

WSJT-X 2.6.0 GAがリリースされたので早速インストール。FT8で数局、問題なくQSOできた。rc4で起きていたCATなしでのQSOでクラッシュする問題も大丈夫みたい(この問題はすでにrc5で修正されていたが、GAでも問題ないことを確認)。

WSJT-X 2.6.0は2.5.xに比べてはるかに使いやすくなっている。そのあたりは以前のこれらの記事。

開発のコアメンバにWSJT-X improvedの開発者が加わった成果らしい。こういう改善は大いに歓迎。

なお、今回の配布場所はSourceForge。どうやら、プリンストン大学のサーバがメンテナンス中らしい。

ダウンロードサイトはこちら。

緑の「Download」ボタンをクリックでダウンロードできる。

ドキュメント類がどこにあるのか分かりづらい。インストール後のHelpからたどれる。直リンクを置いておく。


【追記】 こちら、Joe Taylor氏によるリリース案内。

この中にWSJTのHome PageがSourceforgeに引っ越した旨の案内がある。

We call to your attention, once again, that the WSJT Home Page has moved to a new URL:
https://wsjt.sourceforge.io/


FTDX3000ではトラブルが起きているらしい。次を待ったほうが良さそう。


2.6.1がリリースされた。

コメント

  1. JH4AWD より:

    日本語化された時からずっと思ってましたが、送信周波数と受信周波数をコピーするボタンの説明が左右逆ですね。

    オリジナルのサイトと内容が若干違いますが、私はミラーサイトを覗きに行ってます。
    https://wsjt.sourceforge.io/wsjtx.html

    • jh4vaj より:

      本当だ。逆ですね。私は英語表示で使っているので知りませんでした。
      日本語化される前に使い始めてそれで慣れてしました。
      しばらく日本語で使ってみましたけど、どうにも慣れなくて。

  2. Tsudaka より:

    情報ありがとうございます。
    FT3000ユーザーです。
    あのやり取りを見た限り、一般的に再現する問題なのか、個別ユーザーのシステムにかかる問題なのかはっきりしませんね。
    RCの期限が来るまで静観します。
    それでもはっきりしないときは、目をつぶって!?チャレンジするか?FT991にリグを変更する必要がありますね、、、
    一度、Upgaradeでひどい目にあったことがあるもので、、、