Micsig STO1104Cのアナログ帯域を調べてみる

Micsigのデジタルオシロスコープ「STO1104C」のbandwidthは仕様では100MHzとなっているが、実際どんな感じなのかSGの信号を見てみる。

STO1104Cの1stインプレッションはこちら。

BanggoodからMicsig社のデジタルオシロスコープSTO1104Cのレビューをオファーされた。断る理由はまったくないので、...

1kHz~50MHz

信号源はOSA103 Mini。SGとしてのスペックは、正弦波出力は0.001Hz~100MHzで、50MHzまでは0.5dB以内でフラット(言い換えれば、50MHzを超えるとレベルが怪しくなる)。

OSA103 Miniとは? 先日、たまたま見つけたこちらのブログで、OSA103 MiniというUSBベースの計測器を知った。 ...

OSA103 MiniとSTO1104Cを同軸ケーブルで直結。

1kHz、10kHz、100kHz

画像はクリックで拡大。

1MHz、10MHz、20MHz

30MHz、40MHz、50MHz

50MHzのところでふと気づいて縦軸のスケールを変えた。

50MHzまではさすがに特段問題ない。

50~100MHz

50MHzより上はOSA103 Miniのジェネレータのレベルの誤差が規定されていない(怪しくなる)ので、200MHzオシロスコープ(OWON XDS3202E)での測定と比較する。

50MHz

まずは、改めて50MHzから。

60MHz

70MHz

80MHz

90MHz

100MHz

ここでのまとめ

各周波数でのVppを一覧にしておく。単位はmV。

周波数 [MHz]XDS3202ESTO1104C
50392.0404.0
60358.0363.0
70282.0292.0
80210.0212.8
90162.0158.5
100112.0116.8

100MHzまではXDS3202EとSTO1104Cでの測定結果は大体一致している。それにしてもOSA103 Miniの出力、50MHzより上はレベルが保証されていないとはいえ、どんどん下がるなぁ。二台のオシロスコープが同じ値を示しているので、本当にこうなんだろう。

100~200MHz

この際なので、さらに上はどんな感じなのか見てみる。

OSA103MiniのSGの限界が100MHzなので、ここからはtinySAを信号源として使う。レベルは-7dBm。

Banggoodさんからレビュー用に提供していただいた。 仕様 ざっくりとした仕様はこんな感じ。 スペアナLow...

100MHz

110MHz

120MHz

130MHz

140MHz

150MHz

160MHz

170MHz

180MHz

190MHz

200MHz

ここのまとめ

先程と同様に、各周波数でのVppを一覧にしておく。単位はmV。

周波数 [MHz] XDS3202E STO1104C
100346.0335.2
110320.0317.0
120320.0 299.8
130316.0285.2
140310.0268.6
150312.0247.8
160302.0218.6
170292.0187.4
180280.0158.2
190274.0131.2
200264.0110.3

まとめ

XDS3202Eと比較した限りでは、STO1104Cは公称通り100MHzの帯域はあるようだ。calibration certificate(校正証明書)が付いているだけあって、ちゃんとしている。

おまけ

ついでなので、XDS3202Eでさらに上を見てみた(仕様では200MHz)。水平軸は1ns/div(先程までは、STO1104Cの限界に合わせて2ns/div)。

さらについでに、ADS1013D。これも公称は100MHz帯域だけど、安価なのでそこは推して知るべし。信号源はOSA103 Mini。10、25、50、75、90、100MHzを測ってみた。

帯域は狭いけど、とても手軽に使える点は良い。

DANIU ADS1013DというハンドヘルドのオシロスコープをBanggoodからレビュー用に提供を受けたので、実際に操作しながら使い方...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク