tinySA(小さなスペアナ)が届いた

Banggoodさんからレビュー用に提供していただいた。

仕様

ざっくりとした仕様はこんな感じ。

  • スペアナ
    • Low入力: 100kHz~350MHz
      • 入力インピーダンス: 50Ω(10dB以上の内蔵アッテネータ使用時)
      • 絶対最大入力: +10dBm
      • 推奨最大入力: +5dBm(内蔵自動アッテネーションモードにて)
      • 電力検出分解能: 0.5dB(周波数直線性: ±1dB)
      • 絶対電力精度: ±1dB(校正後)
      • ダイナミックレンジ: 70dB(30kHz分解能時)
      • マニュアル分解能フィルタ: 3, 10, 30, 100, 300, 600kHz (自動は57種類)
      • 1画面あたりの測定ポイント: 51, 101, 145, 290
    • High入力: 240MHz~960MHz
      • 入力インピーダンス: 周波数につれて50Ωから乖離
      • 入力フィルタがないため、帯域外の強い入力信号による影響あり
      • 絶対最大入力: +10dBm
      • 電力検出分解能: 0.5dB(周波数直線性: ±1dB)
      • 絶対電力精度: ±1dB(校正後)
      • マニュアル分解能フィルタ: 3, 10, 30, 100, 300, 600kHz (自動は57種類)
      • 1画面あたりの測定ポイント: 51, 101, 145, 290
  • 出力機能
    • Low: 100kHz~350MHz
      • 正弦波(高調波は-40dB未満(基本波に対して))
      • 出力レベル: -76dBm~6dBm(1dBステップ)
    • High: 240MHz~960MHz
      • 矩形波
      • 出力レベル: -38dBm~+13dBm
  • ユーザインタフェース
    • 2.8インチ液晶(320×240ドット)、カラー(16ビット)
    • タッチパネル
    • USB接続(PCからの制御可能)
  • バッテリ
    • 充電時間: 1時間(500mA、USB経由)
    • 使用時間: 2時間以上

開封

本体ケース、ストラップ、USBケーブル、同軸ケーブル、箱は、おそらく、NanoVNA-Hのものの流用。つまり、サイズはNanoVNA-Hと同じ(持っていないけど)。

シールの下には(NanoVNAの)キャリブレーションキットを入れるスペースがあるし。コストダウンに繋がることは大いに歓迎。このシールに記載されているURLがtinySAの公式サイト。すべての情報はここにある。

取り敢えず、適当なアンテナをつないで電源を入れてみる。

何やら信号が見えるので、動いているのだろう。

開腹

液晶保護シート(100円ショップで買ってきたスマートフォン用)を貼ろうと思ったけど、ケースが邪魔なので開けてみる。

しっかりシールドされている。

なにやら色々と端子がある。

この後、この保護シートを剥がして貼替え。蓋を締める。

使い方は追々調べながら。


Banggoodの販売ページはこちら。

https://jp.banggood.com/Tinysa-100kHz-350MHz-2_8-Inch-Handhe…


Banggoodさんから、tinySAのクーポンが届いた。$US11.00と、かなり大きな割引額。 カートに入れて会計に進む...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりのnanoVNA より:

    結局、nanoVNAと何が違うんですかね?
    Firmwareを入れ替えただけで、nanoVNAがSpectrum Analyzerに変わるって、オチですか?

  2. 立花武博 より:

    先ほど納付時期についてコメントを記載した JA5DBE (立花)です。
    Banggoodの画面をよく見ると、10日~2週間程度で発送とありました。

    申し訳ありません、先ほど納期について尋ねたコメントは削除してください。

    • jh4vaj より:

      発送方法で「日本ダイレクトメール」を指定した場合(デフォルトでそうなっています)、実績でもその程度で届いています。実際の運送業者は、OCS→佐川急便という流れです。