WSJT-X 2.0-rc5、JT65モードがバグってる

WSJT-X 2.0-rc5、FT8で運用していて、JT65モードに切り替えてもFT8のまま送信してしまう。

JT65モードにしても、ウォータフォールの送受インジケータ(?)はJT65ではなくJT9の幅に見える。

時刻1632でCQを送信したけれど、FT8で送信されたみたい。13秒くらいで送信終了したし。

これは、FT8からJT9モードに切り替えた場合と同じ挙動。

WSJT-X 2.0-rc5でJT9モードにしてCQを出してみたら、動きがヘン。途中で送信が切れる。FT8モードと同じ送信時間分しか送信して...

なお、「JT9+JT65」では、この現象は起きない。「JT9」や「JT65」の単独モードを使わずに「JT9+JT65」を使えばいいのだろうけど、それもなんだかなぁ。


【追記】

この問題は改修済みの模様。次の、GA版では直っている。

この記事によれば、rc5でこの問題を回避する方法は、上で私が書いたものでいいらしい。つまり、「JT9+JT65」なら大丈夫なので、一旦、「JT9+JT65」にして「Tx JT65 #」ボタンを押してJT65の状態にして「JT65」モードに変更するとのこと。


【追々記】

別問題発見。

WSJT-X 2.0-rc5、JT65でQSO終了後、ログ情報の時刻がおかしい。 1337のCQからQSOが始まり(こちらから見た...
スポンサーリンク
スポンサーリンク