uBITX、到着

uBITX、通関に時間がかかっているみたいで、もう一日掛かるかと思っていたけど、そうはならなかった。発注が4/25、発送が5/5、到着が5/16。インドからの国際郵便、結構早いんじゃなかろうか。

残念ながら(?)、特段、スパイシーな香りはしない。

箱のサイズは、長辺が23cm位。

どうやら、「EDUCATIONAL ELECTRONIC KIT」らしい。

どこが開くかと色々やっていたら、横が開いた。

同封されていた明細によれば、本体がUS$99、送料がUS$10ということらしい。

プラ箱に入っている。ん?なんか、ちょっと変った香り…。カレーの匂いではない。銀杏にちょっと似ているかも^^;

内容品明細。

基板はプチプチに包まれているけど、帯電防止ではないような…。

制御部。三端子レギュレータが曲がっている…。よく見ると、ピンも曲がっている。

メイン基板のサイズは、15cm強 × 14cm弱というところ。

右側の放熱器、ネジがちゃんと締まっていない。ガタつく。グリスも放熱シートもない。放熱器は基板には固定されていない。

ネジはマイナス。

ウワサの軸の細いボリューム。付属のネジはすべてマイナス。

いろいろと改造情報もあるが、まずは、基本通りに組立てて動作確認だな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク