黒NanoVNAのシールド板をめくってみた

こないだの実験で、ちょっとした改造によってNanoVNAの高域特性が改善することが確認できた。

昨年末くらいにNanoVNAの高域特性を改善するというお話をja1turさんからコメントで頂いた。そのコメントがある記事はこちら。 ご...

良くなるのなら、手持ちのもう一台のNanoVNAも同じ処置をしたい。でも、シールド板が付いているのが逆にネックに。でも、ja1turさんのブログでは、簡単に外せたとある

ならば、まずは、どうなっているか見てみようと開けてみたら、私のものもシールド板の形状は違うけれど、カッターの刃を差し込めば簡単に外れそう。

シールド板自体は基板にハンダ付けされているわけではなく、差し込まれているだけだった。

では、改造対象のR13を、と見ると、なんだか様子が違う気がする。

基板が汚い。SMAコネクタは後付けで洗浄していない感じ。

R13付近を拡大。

R13の隣りのランドは部品が実装されていなかったはず。

白トカゲ版の改造前の写真を探し出してみる。

なるほど。実装されていなかったR15は、ランド自体がなくなっている。そして、R13とR14はR16のそばに移動しており、R14とR11の間の配線は曲線パターンになっている。この方が配線長が短くできそう。このあたりが、両者の特性の違いに表れているのだろうか?

一旦、ここまで。R13にコンデンサを背負わせる改造は後日。


「シールド板付きNanoVNA」にも高域特性改善のための改造をやってみる。 これまでの話。 改造 前回の結果を踏まえて、今回は...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

コメント

  1. ja1tur より:

    このアオ基板、バッテリは450mA、電圧モニタダイオード位置変更済?、3分割シールドと多分最新版では無いでしょうか。R13部分のパターンは変わってますが定数は同じようです。
    このシールドは理想的ですね。コンデンサ追加楽しみにしてます。

  2. 通りすがり より:

    いつも拝見しております。
    Nano VNAシールド板の有/無の話題は各所で出ていますね。
    それなら一層のこと、シールド板なしでミキサーIC(SA612??)に
    銅箔テープでも貼ってみるのはいかがでしょうか…??
    自作電源のLM723に銅箔テープで巻いたら回り込みが改善した経緯があるので。