IC-9700の価格と発売日が発表された

ICOMのVHF/UHFオールモード機、IC-9700の発売に関するプレスリリースが出された。

www.icom.co.jp
 
1200MHzを標準装備した至高のVHF/UHF専用機、IC-9700 を新発売。|プレスリリース|アイコム株式会社
http://www.icom.co.jp/release/20181214/

こちらの画像は、そのプレスリリースから引用。

発売時期は2019年1月。あと一か月ほど。お値段は188,000円。「20万をちょっと超えるくらい」というウワサがあったので安さにびっくり。あ、消費税を入れたら203,040円なので、噂通りか。ちなみに、消費税が10%に上がると206,800円。

それよりも驚いたのが年間販売予定台数。5,000台/年(国内外)だそうだ。国内外とはいえ、そんなに売れるものなのか。

ここで、ふと、IC-7300はどうなんだろうと、プレスリリースを探してみた。

www.icom.co.jp
 
業界初、高速リアルタイムスペクトラムスコープ、 RF ダイレクト・サンプリング方式を採用した 最強のコ...
http://www.icom.co.jp/release/20151207/

こちらは、定価が139,800円+税で、販売予定台数は2,000台/年。「国内外」との記載はないけど、海外分を含むんじゃないのかなぁ?もし、これが日本国内だけの台数だとして、海外は別でも、二倍くらい?IC-9700の見込み台数はそれより多い。お値段は5万円くらい高くても、IC-9700はたくさん売れるという見込みか?他に競合する現行機がなさそうだし。

あるいは、IC-7300が見込みの2,000台/年どころじゃなくバカ売れしていて、それを元にはじき出した数なのかな?

ちなみに、ハムフェアのときに見てきたIC-9700はこちら。

写真で振り返ってみる。 りんかい線「国際展示場」駅に11:30頃着。 まずは、メシ。途中のビルの中の中華屋で黒酢豚。 食事を終えて...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク