プリント基板とブレッドボード間の配線にピンソケットを使う

プリント基板にジャンパワイヤをハンダ付けして色々やっていると、そのうちハンダ付けの根本から切れることが割と多い。そおで、基板側にピンソケット(1ピン分)をハンダ付けし、それにジャンパワイヤを挿すようにしてみた。

これなら分離する際に配線は基板側で抜くことができ、ブレッドボード側に配線を残せるという副効果もあっていい感じ(ブレッドボード側を抜くと、再度つなぐときに場所がわからなくなりがち)。

これで動作が確認できたので、F2Aセミブレークインアダプタにはオペアンプを一個追加することに決定(代りにトランジスタは一つ減らせる)。