1200MHz 4エレ八木アンテナのシミュレーション

こないだの6エレに続いて、今度は4エレの八木・宇田アンテナ(1200MHz)をMMANAでシミュレーション。

その前に、おさらいとして、6エレのものはこちら。

こないだからシミュレーションをやっていた1200MHzの八木アンテナ、実際に作ってみた。 エレメント作り 寸法...
こないだのシミュレーション、間違ってた… MMANAのエレメント径Rって、そういえば、半径だった。こないだは、うっかり、...

OWAスタイル

前回実際に作った6エレのものと同様の構成のもの。

ちょっとした都合でブーム長を120mm程度以内に収めたかったためか、SWRはWボトム形状にはならなかったが、それでも帯域は充分広い(1260MHz~1300MHzで概ね1.2以下)。

フロントゲインは6エレのものが11.74dBiだったのに対して、こちらは9.19dBi。やはり、ゲインはそれなりに違ってくるようださ。

ハーフフォールデッドダイポールスタイル

ついでに、輻射器をハーフフォールデッドダイポールにしたCheap Yagiのスタイル。前回の6エレものはこちら。

普通の(?)のスタイルの八木アンテナでは上手く行ったので、今度は当初考えていたCheap Yagiのスタイルでシミュレーションしてみる。 ...

今回の4エレのシミュレーション。

やはり、こちら方が難しい。帯域も狭いし、ゲインも小さいので、これに拘る必要はなさそう。バックはこっちの方が切れているけど。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク