【頒布】TTCW04/05 ~ TTCW03からのリニューアル

TTCW03 – モールス練習機」をリニューアルした。

概要 「TTCW02 - モールス練習機」をリニューアルしました。 TTCW02はすでに頒布を終えているのです...

リニューアルのきっかけは「チップ部品があるから…」と尻込みしている声を何度か聞いたから。見た目で難しそうと思うのはわかるけど、やってみるとさほど難しくはない(と思う)。もちろん、チップ部品のサイズにもよるが。

ともかく、「練習機」という位置づけなのにチップ部品のせいで躊躇されるのは問題。そこで、チップ部品は一切使わずにリード部品だけ構成したものを検討することとした。しかし、そうすると基板上に部品が乗り切らない(だから、チップ部品を使ったわけで)。そこで、外部出力機能は削って、基本機能だけに限定。こうすれは、結構余裕が生まれる。

しかし、機能を削っただけは、それも面白くない。ならばと、逆にチップ部品を多用したモデルも検討。これなら機能を削らずに、かつ、スペースも生まれる。

そこで、空いたスペースを活用し、他に気になっている点にも対処。

  • 電源電圧の変化(5←→13.8V)による発振周波数(音程)への影響
  • ボリュームの位置による発振周波数への影響
  • フューズ(ポリスイッチ)の追加
  • 電源逆接続保護
  • 電鍵の接点保護
  • 外部端子にフェライトビーズを追加(回込み対策)

回路の見直しに際して、アンプICを変更した。理由は二つあって、一つはNJM386BDがディスコンなこと(ディスコンとはいえ、流通在庫はまだ結構ありそう)。386自体はまだまだあるのだけど、電源電圧の上限が12V。13.8Vでも使えるようにしたいと思うと、18Vまで対応のNJM386BDということになる(チップ版はNJM386BM←これは秋月にはない)。18Vまで使える386にはLM386N-4もあるが、チップ品はなさそう。そういうわけで、DIP版・SOP版(チップ品)の両方が手に入るNJM2113に変更することにした。外付け部品も少なくなるのも助かる。

しかし、NJM2113を実際に使ってみたところ、発熱が大きく難儀した。

電源電圧が18Vまで対応しているNJM386BDがディスコンということもあり、電源電圧が5~13.8Vの範囲で使えるアンプICを探して見つ...

それから、スピーカも大型化した。

あれこれ見直した結果できあがったものがこれ。左がチップ部品を使わないTTCW04、右がチップ部品を多用したTTCW05

TTCW05の方が部品数はだいぶ多いのだけど、基板の製作時間はどちらもだいたい同じくらいだった。チップ部品は基板を裏返したり足を曲げたり切ったりという手間がない分、作業効率がいい。とはいえ、慣れが必要だけど。

ちなみに、TTCW05でチップ部品だけ実装した状態がこれ。部品数は41個。

「チップ部品」、「SMD(Surface Mount Device: 表面実装部品)」と聞くと「ハンダ付け、難しそう」と思われがちだけど...

今回は、この「二刀流」で組み立てた。部品の片寄りや浮きができにくくて良い。

表面実装の抵抗やコンデンサを手ハンダするには片側ずつハンダ付けするのが主流だと思う。こちらの記事でもそういう手順を書いた。 ...

発振波形の様子。

オシロスコープはDSO Shell。低周波のちょっとした確認には、これが手軽でよい。

格安なオシロスコープDSO ShellをBanggoodから提供してもらったので、使い方などをまとめておく。 仕様等 ...

こちら、歴代のモデルの外観。

TTCW04/05ではスピーカは中央に配置しているのだけど、手前に文字があるためにそちら側に寄っている(後ろに余裕がある)ように見える気がする。

音のサンプルはこちら。

TTCW04/05

頒布についてはこちらのページで。

概要 「TTCW03 – モールス練習機」をリニューアルしました。 TTCW02を頒布して終了するつもりが...
TTCW02/03をお持ちの方へ
本機(TTCW04/05)は基本機能は従来品と同じです。ですので、わざわざ買い換える必要はありませんが、もし、追加購入したいというご希望があれば、送料はサービスします。申込フォームの「連絡事項」の欄にその旨お書きください。年内限定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク