ピンセットの消磁

SMD(表面実装部品)を扱うのに非磁性のステンレスピンセットを使っている。

SMDのハンダ付けにエンジニアのPT-26というピンセットを使ってきた。 これは逆作用ピンセットで、通常は閉じていて握ると開くタ...

帯磁しないはずなんだけど何かのはずみで磁化されてしまい、チップ抵抗なんかが張り付き、非常に具合が悪い。チップ部品は小さくて軽いので、ピンセットがわずかでも磁化されると簡単に張り付く。

そんな 帯磁 してしまったピンセットを消磁する方法が話題になっていた。それが、こちらのYouTube。

磁化したピンセットを消磁する方法が感動的だった

磁石をドリルで高速回転させて消磁器する方法ってことみたい。なるほど。原理としては、昔あったテープデッキの消磁器と同じだろう。あれは交流で電磁石のN・Sを高速に入れ替えるが、こっちは機械的に(永久)磁石を回転させて極を入れ替える。なので使い方も同じで、磁化したもの(ピンセット)を近づけて、徐々に遠ざける。それだけ。

ということで、早速やってみる。使うのはダイソーで買った「超強力マグネットミニ」とミニロータリーツール。適当な軸に磁石二個をエポキシ接着剤で貼り付けた。

実際にやってみた様子がこれ。チップ抵抗は2012Mサイズ。見事にくっつかなくなった。これからは、もしピンセットが磁化してしまっても安心だ。

ピンセットの消磁
表面実装の抵抗やコンデンサを手ハンダするには片側ずつハンダ付けするのが主流だと思う。こちらの記事でもそういう手順を書いた。 ...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク