FT4で73が送れないトラブル

FT4でのQSOで、相手からRR73が返ってきたあとに73が送られるはずなのだけど、なぜか頭に戻って呼び出しになってしまう。

結論から言うと、F/Hモードの設定が原因だった。

経緯みたいなのを書いていくとこんな感じ。

FT4に設定する前にFT8でF/Hモードで使っていた。FT4に変えるときにF/Hモードは外したつもりだったのだけど、外れていなかった。外したつもりだったのでチェックが後回しになり、これに気づくまでに色々とやった。

Auto Seqを外して手動でメッセージ(73)を指定してもダメ、相手局のRR73のメッセージをダブルクリックしてもダメ、WSJT-Xを起動し直してもダメ、Windowsを再起動してもダメ、WSJT-Xをバージョンアップ(2.4.0 → 2.5.0-rc6)にしてもダメ。八方塞がりであちこち見直してたらF/Hモード(Hound)になっていることに気づいたという次第。

F/HモードはFT8専用なので、FT4でF/Hモードに設定すると警告が出る。

しかし、今回の私のような逆の手順、つまり、FT8でF/Hモードで運用していた状態でFT4に変更した場合にはこの警告も出ないので気づかない。ちょっとした罠かも。

さらに、FT4でF/Hモードを設定したときに出る上の警告も、表示だけで設定はされているというのも罠。警告が出るので設定しようとしたのが無効なのと思いきや、設定された上で警告が出るので、この後で手動でF/Hモードを外さなきゃいけない。

ということで、Special operating activityのチェックを外したらFT4で正常にシーケンスが進んでくれた。

ところで、思いがけずWSJT-X 2.5.0-rc6をインストールしたのだけど、期限が9月30日とのこと。もうそろそろ次のrcか、それとも、GA(正式版)が出そう。


【追記】

2.5.0正式版がリリースされた。

WSJT-Xの公式サイトを見に行ったら2.5.0のGA(正式版)がリリースされていたので早速インストール。 普通にQSOでき...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク