JT_Linker 20210607をインストール

JT_Linkerの新版が出ており、Remarks欄がドロップダウンメニューで選べるようになっているなど強化されているらしいことを、昨日Twitterで教えてもらった。ということことで、早速インストール。


【補足】

この記事は、JT_Linkerのバージョンアップ方法。新規インストールはこちらの記事。以前のバージョンのものだけど、基本は変っていないので。

JT65等の運用前準備はまだ続く。 ログをTurbo HAMLOGに記録したい。さすがに手動入力ってことはないだろう。調べてみると、...

【補足ここまで】


まずは、公式サイトからダウンロード。

ダウンロードしたJT_Linker_20210607_setup.exeを起動。

警告が表示されたので「詳細情報」をクリック。

実行」をクリック。

あとは流れに沿って進める。前バージョンからのバージョンアップだったので、同名のファイルが存在するとのメッセージ。

全て上書き」で進める。

前バージョンのiniファイルを現バージョンに変換してくれるそうだ。しかも、旧版は名前を変えた上で保存してくれると、親切な作り。「OK」。

インストールが完了したので、起動。

ぱっと見は以前とほぼ同じ。Remarks1/2がドロップダウン式になっているのが分かる。

Setup」ボタンを押す。

Az and Distanceはダウンロードサイトの機能説明にある「QTH 又はRemarks 欄にGL より計算した相手局の方位角・距離を転送できる。」だろう。

Remarks欄のメニュー設定。1、2共、それぞれ八つずつ設定できる。%tx_pwr%など、いくつかのマクロも使えるみたい。

eQSLとLoTWへの自動アップロード機能が追加されている。これは大きな目玉だと思うけど、アカウントを複数持っている(というか、移動運用では複数作らざるを得ない)場合はどう使うのかわからない。とりあえず、この機能は使わずに、これまで通り、手動でアップロードすることにしよう。さほど大した手間でもないので。

ログをLoTWとeQSLにアップロードする際、それぞれ別々にやるよりもちょっとだけ楽な方法。 まずは、アップロードするADIFを用意してお...

セットアップ項目を一通り眺めたのでSave(特に変更するところはなかったのでCancelでもいいのだけど)。

あとは、実際に使ってみて動作確認。

問題なく動いてくれているようだ。と言っても、新しい機能は(まだ)使っていないのだけど。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク