S-A-A-2の測定ポイントを増やす方法

そういえば、S-A-A-2は本体での測定点を最大201にできることを思い出した(NanoVNAは101ポイント固定)。ちょっとやってみる。

SWEEP POINTS

STIMULUS」メニューを開く。

SWEEP POINTS」をタップ。

10キーが開くので希望のポイント数を入力(最後は「x1」)。最大値は201(それ以上の数値を入力しても201になる)。小さい方はいくらでも。1でも入るけれど、あまり使いみちはないような…。

グラフが滑らか(罫線も)。ただし、その分、測定時間かかかる。と言っても201点で2秒くらい。

101点では拾えない(取りこぼす)変化でも201点なら拾える可能性がある(特にスイープ範囲が広い場合に顕著だと思う)。


【追記】

ファームウェアをバージョンアップしたら手順が少し変った。詳細はこちらの記事。

NanoVNA-H4のファームウェアをアップデートしたので、今度はS-A-A-2のファームウェアもアップデートしてみる。 ...

画面反転

測定ポイントとは関係ないけど、NanoVNAとの違いでもう一つ。

DISPLAY」メニュー内の「FLIP DISPLAY」をタップ。

画面が上下反転。もう一度タップすれば元に戻る(トグル)。


3GHzのVNA「S-A-A-2」をレビュー用としてBanggoodさんから提供を受けた。 S-A-A-2とは? ...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク