tinySA: ファームウェア1.1-72

新しいファームウェアがリリースされたので早速アップグレード。やり方はこれまでと同じ。

新しいファームウェアがリリースされたのでインストール。手順は前回と同じ。ざっとさらっておく。 まず、公式ダウンロードサイトから必要な...

バージョンを確認。

セルフテストもOK。キャリブレーションも実施。

テスト信号を入れて動作を確認。

さて、今回のバージョンアップの内容。SGモードで周波数とレベルの調整がスライドバーでできるようになったこと。

FREQLEVELのところ、上の方に三角(?)が付いている。これを掴んで左右にスライドさせれば周波数やベレルを変更できる。もちろん、これまで通り、タップすれば10キー画面が表示されるので、そちらでもOK。

一点謎なのが、FREQで三角ではない場所をタップ&スライドさせたときの動作。下のようにSPANと表示されて左右にスライドさせれば数値は変化するのだけど、どこに反映されるのか、何が変るのかわからなかった。

この画面はtinySA-Appではキャプチャできなかったので写真で。

【追記】

この疑問は解消。詳細はこちらの記事。

ファームウェア1.1-72でSGモードの周波数(FREQ)とレベル(LEVEL)がスライダで調整できるようになった。しかし、FREQのスラ...

これまでの主だった記事一覧。 製品情報 本体操作 ...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Erik Kaashoek より:

    With the slider in SPAN mode you control the frequency span of the slider
    Try to move to the extreme right. The slider will cover the full frequency range
    SPANモードのスライダーを使用して、スライダーの周波数スパンを制御します
    右端に移動してみてください。 スライダーは全周波数範囲をカバーします