ConoHa WINGにSFTPで接続する方法 ~ FileZillaを使って

ファイルマネージャでは大きなファイルはアップロードできない

ConoHa WINGのサーバにファイルマネージャでファイルを転送しようとしたら、プログレスバーが途中で止まり、そのまま待っていたらエラーで終了した。

Webブラウザベースのファイルマネージャは、大きなファイルはアップロードできないようだ。

代りの手としては、FTPが使える。

しかし、管理画面の構成から想像するに、サイトごとにFTPアカウントをつくならければならないみたい。Webベースのファイルマネージャではサイトは関係なく、その上のレベルでつながるのに、これでは不便(ファイルマネージャで見ると各サイトはフォルダとして見える)。

SFTPを使おう

そう言えば、すでにSSHで接続できるようにしている。

ConoHa WINGでSSHアカウントを作る方法は公式サイトに説明がある。 が、ConoHa WINGの管理画面での操作方法だ...

ならば、これを利用してSFTP接続すればいいじゃないか。

FTPと言っても、今どきはFTPSが普通(通信路を暗号化したFTP over SSL/TLS)。

一方、SFTPはSSHの拡張。SSHによる暗号通信路でFTP同様のファイル転送を行う。

psftp

PuTTYのパッケージにSFTP用のpsftp.exeが入っている。これを使えばSFTPによる接続が可能。コマンドラインでpsftpに続けてputtyで保存したセッション名を指定すればOK。

これで問題なく使えるけれど、コマンドラインによる対話形式の操作方法を「普通」と考える人は少ないだろう。

FileZilla

ということで、GUIベースのFTPクライアント「FilleZilla」でConoHa WINGのサーバにSFTP接続する。FileZillaの一般的な操作方法等は割愛。

サイトマネージャを開く。

「新しいサイト (N)」をクリック。

「新規サイト」を適当な名前に変える。ここでは、「ConoHa」とした。

プロトコルは「SFTP」を選択、ホストとポートはConoHa WINGのSSHの接続情報を入力。

ログオンタイプは「鍵ファイル」。ユーザ名はSSH接続のもの。鍵ファルはPuTTYの設定時に作ったppk形式のファイルを指定する(ConoHa WINGからダウンロードしたpem形式ファイルではなく、それをPuTTY用に変換したppk形式のファイル。これ、重要)。

設定は以上。「OK」を押して設定を保存する。

後は、普通に使える。(FTP over SSL/TLSではなく)SFTPだからといって特別なことはない。

わざわざFTPアカウントを作らなくてもちゃんと接続できた。また、SSH接続ならサーバ単位での接続なので、各サイトはフォルダ(ディレクトリ)として見える。

約1.7GBのデカイファイルもちゃんとアップロードできた。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク