tinySA: セルフテスト、キャリブレーション、測定(スイープ、ウォータフォール)

tinySAの情報源

前の記事にも書いたように、tinySAの情報は、こちらの公式サイトで公開されている。

英語で書かれているけれど、Chromeの翻訳経由でだいたい分かる程度の日本語になってくれる。

【原文】

【日本語訳】

以下、まず押えておきたいページ。

仕様

制限事項

画面情報

メニュー

メインメニュー
ツリー構成

セルフテスト

では、ここから実際に操作してみる。参考にするのは、First Useのページ。

tinySAの電源を入れ、二つのポートを付属の同軸ケーブルで接続する

画面をタップすると、上のようにメインメニューが表示される。

GONFIG」をタップ。

SELF TEST」をタップすると、自己診断が実行される。

すべてのテストを通過。所要時間は10秒くらい。画面上の任意の場所をタッチすれば測定画面に戻る。

キャリブレーション

続いて校正。ケーブルは繋いだまま

LOW側

再び、「GONFIG」メニューを出す。

LEVEL CAL」をタップ。

CALIBRATE」をタップすると、校正が行われる。

所要時間は1秒ほど。あっという間に完了。任意の場所をタッチして測定画面に戻る。この状態は保存してくれるのかどうかよくわからない。が、電源を入れる度に実行するとしても1秒で終るので大したことではない。まぁ、ケーブルをつなぐのが面倒か。

これで測定準備完了。

HIGH側(保留)

なお、上はLOW側(100kHz~350MHz)のキャリブレーション。HIGH側(240MHz~960MHz)は簡単にはいかないらしい。そのやり方については、こちらのビデオがわかりやすい。

#558b TinySA High Port Calibration (It's not easy)

簡単に言うと、こんな感じ。

  1. 240~350MHzの間の適当な周波数の信号源を用意する。
  2. LOW側で測定する。
  3. その値をHIGH側に設定する(補正値)。

まず、240~350MHzはLOW側とHIGH側がオーバラップしている周波数。LOW側はtinySA自体に校正の仕組みを内蔵しているので、そちらで測定すれば信頼できる(はず)。

続いて、HIGH側で同じものを測定する。その値をLOW側で測定した値に補正する。これで、HIGH側の校正ができる。なるほど、とは思うが、一点だけ合せただけでいいんだろうか?

ちなみに、上のビデオでは240~350MHzの信号源として、48MHzのX’talオシレータの7次高調波(48*7=336MHz)を使用している。最初は6次高調波を使おうとしていたけど、実際に測定したら7次の方が強かったのでそっちを使うことにしたという流れ。

まぁ、ともかく、HIGH側はこうしたものを用意しなきゃいけないようなので、取り敢えず放置。校正しなくても使用できるけど、値は読めないと言うか。「信号があるね」という見方には使えるだろう。


【追記】

実際にやってみた。

MEMS発振器を入手したので、先日保留にしてあったHIGH側のキャリブレーションをやってみる。というか、これをやりたくて適当な水晶発振器を...

最初の測定

せっかくキャリブレーションまでできたので、ちょっと測定してみる。

LOW側のコネクタに適当なアンテナを繋いでみた。スイープ範囲はLOW側の全域(50kHz~350MHz)。FM放送と思われる信号が確認できる。

スイープ周波数範囲の設定

画面をタッチしてメイン名ニューを出す。

FREQUENCY」をタップ。

START」をタップ。

テンキーでスタート周波数を指定する。

最初の画面に戻るので、再度メインメニューを出すところから。今度は、「STOP」でストップ周波数を同様な手順で指定する。

FM放送(補完放送を含む)の範囲を指定してみた。START / STOPの他に、CENTER / SPANでの指定も可能。

こちらは、センタ周波数80MHz、スパン500kHzにしてみた様子。

ウォータフォール

メインメニューから「DISPLAY」を開く。

WATER FALL」をタップする。

画面の下1/4位にウォータフォールが表示される。

下は、中波放送をモニタしてみた様子。

もう一つ。アマチュアバンド、2m(SSB)。

なお、ウォータフォールを消すのは、表示させるのと同じ手順。もう一度、「WATER FALL」をタップすれば消える。


Banggoodさんからレビュー用に提供していただいた。 仕様 ざっくりとした仕様はこんな感じ。 スペアナLow...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Erik より:

    Please update the firmware as your current firmware is rather old

    (google autotranslate)
    現在のファームウェアはかなり古いので、ファームウェアを更新してください