FA-VA5でインダクタンスを測定

アンテナアナライザFA-VA5をある方からお借りした。これを使って、先日のトロイダルコアによるインダクタを測ってみる。

uBITX用のLPFを設計するにあたり、まずは、トロイダルコアの巻数と目的周波数でのインダクタンスを調べておく。 測定方法等 測定にはO...

測定の様子

プローブはOSA103 Miniで測定したときのものと同じ自作品。このプローブを使って、SOLキャリブレーションを行った(これも、OSA103 Miniの場合と同じ)。

測定結果

T37-6 30回巻き

まず、比較として、OSA103 Miniによる測定結果。

巻数計算値DE-50002510152025303540自己共振
302.702.842.762.792.812.862.923.033.113.343.7875.1

FA-VA5による測定結果。

OSA103 Miniでは、カーソルをマウスで移動させて一つ一つ値を読み取るしかないが、FA-VA5(と言うか、VNWA 3 Software)では、マーカを複数置いて値をまとめて表示できるので非常に嬉しい。また、いろいろなグラフを一度に表示できる。今回は、インダクタンスをシリアルモードとパラレルモードで測定したもの、それと、インピーダンスの絶対値と実部・虚部。

インダクタンスは、OSA103 Miniによる測定結果と大体一致。周波数が高くなると少し離れてくる(40MHzで、OSA103 Miniでは3.78µHに対して、FA-VA5では約3.4µH(マーカをセットしなかったのでグラフから))。

2MHz位まではインダクタンスがやや高く表示され、3MHzくらいのところに不連続なところがある。これはなんだろう?

自己共振周波数はずいぶん上の方に見える。これは、インダクタの自己共振周波数と言うよりも、測定系を含めたものということか?

余談ながら、マイクロは「µ」なのに、オームはなぜ「ohm」なんだろ?

シリアルモードとパラレルモードについては、こちらの記事で。

1µHより小さいインダクタンスを測りたいと思って、秋月で売っているDE-5000を導入した。 導入前の騒動 それまでに一騒動...

T37-6 20回巻き

マーカはそのまま使えるので、測定するだけ。非常に楽。3MHzあたりの不連続な点があるのは、今回も同様。

T50-6 40回巻き

スイープの上限を50MHzにした(T37-6の測定の際は100MHzまで)。また、インダクタンスが大きくなるので、縦軸を下げた(一番下が5µH)。

3MHzあたりに不連続な箇所があるのはこれも同じ。下の方(数百kHzあたり?)も逆方向の不連続が生じている。T37-6の場合も、よく見るとそうなっている。この測定結果で言えば、2MHzが高めに測定されているということ。OSA103 Miniでは2MHzだけが高く出るというようなことはないようなので、これはFA-VA5の特性か?あるいは、まだ私が慣れていなくて何かミスっているか?

補足

キャリブレーションでは、使用プローブを使って行ったことは上に書いたとおり。オープン、ショートは、ミノムシクリップなので簡単。ロードは51Ωの抵抗を使ったのだけど、100Ωを二本パラにして50Ωにすればよかったかと今さらながらに思う。51Ωだと1Ωしか違わないとはいえ、パーセンテージで言えば2%も違うのだから。100Ωを二本なら、選別して組み合せると50Ωピッタリにできそう。でも、OSA103 Miniでも51Ωを使ったので、ここでは両者の比較ということで、条件を揃えたという意味ではいいだろうと思う。