折り返し反射で逆転JT65信号

FT8をモニタしていると、ひっくり返ったJT65の信号を時折見かける。

この上ののキャプチャ画像がそのひっくり返った状態。

普通は下の画像のように周波数の低い方に太めの縦線が見えて、周波数が上の方に散らばる感じ。

ということで、上の図のものは、周波数の上下がひっくり返った状態で影像信号が見えているのだろう。ちなみに、この図は、3.573MHzでのFT8のモニタ。このバンドでは周波数が下の3.570MHzがJT65(WSJT-X 1.8.0から標準)。

あ、それで、7.074MHzのFT8や7.076MHzのJT65をモニタしている際に、SSBのモードがUSBであるにも関わらず、フォーンが正しく再生されることがあるのか。これも周波数が反転した状態で見えてしまい、LSBがUSBで復調されるのだろう。なお、無線機はTS-690。

スポンサーリンク
スポンサーリンク