SARK100のソフトウェアの使い方

アンテナアナライザのSARK100は単体でも使えるけど、PCのソフトウェアと組合せて使うとさらに便利。知っている限りで、次の二つがある。

  • WinPCC-Sark100
  • SARK-100 (SM6WHY)

ということで、これらの使い方をざっくり紹介。

SARK100本体の準備

  1. USBケーブルでPCと接続する。
  2. 「CONFIG」ボタンを押して「PC Link」を選択する。
  3. 「VAL」ボタンを押してモードを確定する。

本体側の準備は以上。これで、PCのソフトウェアとの通信待ち状態に入る。

必要に応じて、PCにドライバがインストールされるはず(Windows 10ではおそらく自動的にインストールされる)。手元のPCでは、別のデバイスを繋いだときにインストールされたものがそのまま使われたようだ。

WinPCC-Sark100

元々は、台湾製のソフトのようで、表示が漢字。

使えないことはないのだろうけど、よくわからない。英語化されたものがあるので、そちらを探した方が無難。

その英語版のオリジナル配布サイトはこちら。

http://www.die-jetzis.de/sark100.htm

だけれども、ドメインが失効しているのか落ちている。

こちらにコピーがある。

http://www.jtelectronics.co.nz/information_links/MINI60/Add-…

ここの一番下の、

Click HERE for Mirrored Download In Case The Original Web Site Is Down

のリンクをクリックすればダウンロードできる。

または、「WinPCC-Sark100-V1.0.01_en_DH1KLM」で検索すると、こちらのサイトが見つかる。

http://rgho.st/6WKwB87Vk

ダウンロードできるファイルはパッケージ内容がやや違うが、実行ファイル自体は、「WinPCC-Sark100 V1.0.01_en_DH1KLM.exe」でどちらでも同じもののよう。前者は、Android対応のファイルが含まれている?詳細は不明。

WinPCC-Sark100 V1.0.01_en_DH1KLM.exeを起動する。このとき、ファイルを右クリックで「管理者として実行」を選択して起動する。

左上の「List Connected Ports」を押す。SARK100本体の準備ができていれば、適切なCOMポート番号が表示される。なお、管理者権限で起動していないとこの「List Connected Ports」が機能しない(その旨表示される)。言い換えれば、COMポートを手動選択するなら管理者権限で起動する必要はない。

いずれにしても、適切なCOMポートを選択したら、その下の「Connect」ボタンを押す。これで、SARK100本体とつながる。

続いて、Band Setupに所望の数値を設定する。Band Quick Setupで選択するのが簡単。そこから手動で修正してもOK。

あとは、「Start Scan」ボタンを押せば、設定した周波数範囲でのスキャンを行い、リアルタイムでグラフを表示してくれる。

スキャンが始まると、SARK100本体側にもその旨表示される。

しかし、スキャンが終了しても、表示はこのままのようだ。

「Continuous Scan」の方を押せば、繰返し連続でスキャンしてくれる。アンテナの調整などでは便利。スキャンを終了させるには「Stop Scan」を押すが、すぐに止まるわけではなく、スキャン範囲の最後まで行ってから止まる。また、連続スキャン中にスキャン幅などの値を変更すれば、次の先頭に戻ったタイミングで反映される。

なお、スキャン中にエラーが出て止まることがある。その時は諦めて、スキャンをやり直すしかない。

上の方にある、「Smish Chart」にチェックを入れてスキャンすると、スミスチャートも表示してくれる。

SARK-100 (SM6WHY)

入手先は、公式サイトから。

[SARK-100 Pc Scan] SWR Analyzer Software
http://www.sm6why.n.nu/sark-100

過去バージョンも一緒に掲載されているので、一番新しいものをダウンロードする。

ZIPを展開するとたくさんのファイルが出てくるが、「SWR-Analyzer.exe」を起動すればいいようだ。こちらのソフトは、管理者権限の必要はない。一般ユーザで起動しても、適切なCOMポートが表示される(左上)。

ポート番号の下の「Open Prt」を押すとSARK100本体とつながる。

右の方にあるSelectionsの「Select Band」で希望のバンドを選択する。これで、SCANに適切なスタート周波数等が設定される。必要に応じて手動で変更する。

「SCAN」ボタンを押せば設定した周波数範囲をスキャンする。

スキャン中は、SWEEPING FREQUENCY BANDにプログレスバーが表示される。が、右端に行ったら完了というわけではなく、左に戻って継続してバーの表示がされる。「やってるよ!」っていう表示のようだ。どこまで行っているかは、右隣のCurrent Freq.に数字で表示される。こちらのソフトはグラフ表示がリアルタイムではなく、スキャンが終了してから一気に表示される。スミスチャートも表示されるが、ややしばらく時間がかかる。

スキャンが終ったあとで、SelectionsのSWR-R、SWR-X、SWR-Zをチェックすると、SWRと抵抗分などのグラフをそれぞれ表示できる。

Selectionsの「Auto Scanning」にチェックを入れてスキャンを行うと、スキャンを繰り返す。繰返しスキャンをやめるには、このチェックを外す。

「Append Curves」にチェックを入れてスキャンするとエラーになる。将来のバージョンアップに期待。

「EXPORT DATA」を押すと、Excelに結果を吐き出してくれる。

このツールを終了させるには、「EXIT PC SCAN」を押す。ウィンドウの×を押しても終了しない点に注意(いつも騙されるw)。

お勧めは?

どちらでも自分の好みの方を使えばいいのだけど、個人的には前者のWinPCCの方がリアルタイムでグラフ表示してくれるので好き。無料なので、両方試してみるといいかと。

8,000円程度でこれだけのことができるので、SARK100には大いに満足。

⇒ SARK100をeBayで探す

改良型でMini60というコンパクトなモデルもある。バッテリを内蔵しているので、使い勝手はこちらのほうが良いだろう。

⇒ eBayでSARK100 Mini60を探す

SARK100のマニュアル
http://www.casogo.com/Manual/SARK100.pdf

コメント

  1. 頑張っているおやじ より:

    お判りでしたらご教授ください。
    本記事に基づきMR100を入手しました。上記の2つのスキャンソフトを使用しています。
    MR100-PC間でスキャンさせ、PC画面に彩画させた後、1~2分程度経過してから再度
    測定の為スキャンさせてもスキャン開始しません。両ソフトも同じ。
    ハングアップした状態になります。MR100側の原因なのか、スキャンソフト側の原因
    なのか判断付きません。
    MR100側のSuspend Timeout設定はOffに設定しています。

    • jh4vaj より:

      頑張っているおやじさん、コメント拝見しました。
      手元にMR100があるので、試してみたところ、仰る現象が再現しました。SARK100ではこのようなことは起きないので、MR100の問題だろうと思います。

      MR100はそもそもまともに測定できませんでした。そのため、SARK100を入手しました。詳細はこちらの記事をご覧いただければと思います。

      MR100という、ろくでもないアンテナアナライザ
      http://www.jh4vaj.com/archives/1667

      こちらの記事のコメント欄にあるように、他の方も同様に動作が正常でないというお話しです。

      • 頑張っているおやじ より:

        早速のご回答ありがとうございました。
        MR100自体の問題である事が解りましたので一安心(なんか変ですが)しました。
        SARK100とMiniSARK100が有るようですが、矢張り、SARK100その物でなければ
        成らないようですね。
        SARK100の購入を検討してみます。
        大変有難う御座いました。

        • jh4vaj より:

          MR100、値段が魅力でつい買ってしまったのですが、正に「安物買いの~」でした。
          SARK100はMR100と比べるとずいぶん大きいですよ。鉄ケースのため重量もあります。もし、持ち運び使用が主ならmini60の方がいいかもしれません。こちらは筐体がかなり小さいようですし、充電池も内蔵です。ただ、その充電池がダメになったらどうするんだろう、という疑問はあります。そのあたりはアマチュア精神で何とかなるのではないかとも思いますが。

          • 頑張っているおやじ より:

            ご指摘の通り、私も正に「安物買いの~」でした。
            大変貴重なアドバイス感謝です。
            SARK100、mini60それぞれ一長一短がありそうですね。
            もう少し調べてみます。今度は、「安物買いの~」に成らぬように。
            SARK100の使用感(本当の所の使用感。何か変な言い方ですが)を記事にして
            頂くと幸甚です。
            有難うございました。

          • jh4vaj より:

            少々補足すると、PCでスキャン中にエラーが出る(ウィンドウがポップアップ)ことがあります。この場合は、そのエラー画面を閉じればスキャンが進みます。連続スキャンの場合は、一旦ストップさせてからもう一度スキャンボタンを押せば再開できます。まれに、スキャンが再開できないこともあり、その場合はソフトを立ち上げ直すしかないみたいです。また、スキャン中にSARK100本体の電源を切ったりUSBケーブルを抜くと、ソフトがハングアップしてしまうようです。これらの話はソフト二種類のうち、上の方の場合です。下の方はあまり使っていないんのでそのあたりはわかりません(やはり、リアルタイムでグラフが描画される方が使い勝手が良くて)。

            その他は、記事に書いたように大きくて重いのが難点です。本体裏には電池ボックスを収納するスペースがあります。ネット情報を調べると、単四を8本入れられるらしいです。電池ボックスはついていないので、自分で調達して入れることになるみたいです。そのあたりの本体の構造は、こちらの記事をご覧ください。

            SARK100という、マシなアンテナアナライザ
            http://www.jh4vaj.com/archives/1807

            9Vの006Pでも動きましたが、あっという間に電池がなくなりました。単四でどれくらいもつかは試していないのでわかりません。

            他にお知りなりたいことがあれば、具体的に質問下さい。分かる範囲でお答えします。

      • jh4vaj より:

        その後ですが、SARK100でしばらくおいておくとスキャンできないとうい状況を確認しました。
        以前はデスクトップPCで使っていたのですが、ノートPCで使ってみたら、数分おいておくだけで100%の確率で再現します。OSはどちらもWindows 10 Pro 64bitで同じなんですが…。

        • jh4vaj より:

          デスクトップ機でも「しばらくしたらスキャンできない現象」が頻発するようになりました。

          最近の大きな変更と言えば、Creators Updateを当てたこと。その影響かなのかは判断できませんが、現象として起きることは間違いありません。

          使い勝手が悪く、困ったものです。

  2. 頑張っているおやじ より:

    SAR-100に関しての大変有意義な情報有難うございます。参考にさせて頂きます。
    Ebayを覗くとSARK-100ショップがずらりと並んでいます。
    香港と大陸ですが、価格もかなり差がありますね。何処から購入すれば問題が少ないか
    判断付きかねます。
    皆さんが求められたショップからの方が安心かなと勝手に推測しています。
    SAR100はそれなりに使えるようですね。

    • jh4vaj より:

      今、改めてeBayで見てみましたが、全体的に値下がりしていますね。私が買ったのは10月でUS$80強が相場でした。それからわずか四、五ヶ月ですが、US$70弱に下がっています。何となくちょっと悔しいです(笑

      SARK100のように多くのショップで扱っている商品は、値段がばらついているとは言え、何となく相場は見えてくると思います。相場から大きく離れているショップは(安くても高くても)要注意。ちゃんと商売やってるなら、他ショップの動向は追いかけているでしょうから。

      ショップ選択の大きなポイントは、評価が高いこと。「Top-rated seller」のメダルが目安です。購入者からの良いフィードバックが一定基準を満たしていることを表しています。

      新規参入ショップはフィードバックを集めるために安値に設定していることもあります。こういうところなら安く買えますが、詐欺ショップと見分けが付かないのが難です。詐欺ショップだと商品が届きません。私も何度か値段につられて注文してやられました。とは言え、eBay側が補償してくれるので代金は返還されます。ですが、日数がかかるのと何度かのやり取りが必要なのが面倒です。

      香港か大陸かは、これまでの利用経験で言えば、大差ないです。

      以上、参考になれば。