WSJT-X 2.2.0 バグ情報

リリースされたばかりのWSJT-X 2.2.0、いくつかバグがある。Twitterや、このブログのコメントに寄せられた情報等をまとめておく。

追加された周波数が出てこない

FT8の混雑緩和のために、7.071MHzなどの新しい周波数が設定された。「設定」の「周波数」タブで「リセット」すれば新しい周波数が設定されるはずなのだけど、設定されない。2.2.0-rc3では上手く行っていたのだけど、正式リリースでバグが混入したっぽい。 これらの周波数の追加は、2.2.0正式版では採用されなかった。したがって、これは正常動作。

スペクトラムが表示されない

現象

「ワイドグラフ」の画面の下側、スペクトラムのグラフが反応しない。

ウォータフォールは表示されているが、スペクトラムでは信号がないことになっている。こうなると、2.1.2に戻しても表示されないとのこと。WSJT-X.iniを一旦消せば(2.1.2や2.2.0-rc3では)再び表示されるようになるとのこと。

詳細はこちらのコメントを参照。

TwitterでWSJT-X 2.2.0の正式版がリリースされた情報をキャッチ。 つい先日リリースされたrc3の使用期限...

【追記】

追加情報を頂いた

WSJT-X.iniを消して英語表示で起動すればスペクトラムが表示され、その後、日本語表示にすると表示されなくなるとのこと。

確かにその通りの結果となった。一旦表示されなくなると、英語表示でもダメ。WSJT-X.iniを消す必要がある。日本語表示(というか、もしかしたら英語以外かも?)にした時点でWSJT-X.iniに書かれる情報で影響を受けているっぽい。多言語処理の問題か?

WSJT-X.iniを消すとすべてが初期化されるので、「消す」のではなくて、別の名前にして保存しておくのが無難。

対処方法

対処方法は二つ。英語表示を使って設定を変更するか、WSJT-X.iniを直接編集するか。以下、具体的手順。

英語表示でスペクトラムの表示タイプを変える

スペクトラムを表示させる方法をコメントで教えてもらった。それによれば、英語表示で起動してスペクトラムの表示タイプを変更すれば良いとのこと。一旦変更すれば、元のタイプに戻してもOKだそうだ。

一旦、Cumulativeにして、Currentに戻してみた。

スペクトラムがちゃんと表示されている。

スペクトラムが表示されるようになったら、日本語表示で立ち上げ直してもOK。

ただし、日本語表示状態でスペクトラムの表示タイプを変更するとスペクトラムが表示されなくなるので注意。

英語表示で起動する方法はこちらで。

Mac版WSJT-X 2.2.0でもこのやり方でスペクトラムが表示できたとのこと。

WSJT-X.iniを編集する

スペクトラムが表示されないのは、表示方法の選択肢がすべて「false」になっているためとのこと。こちらのコメントで教えてもらった。

リリースされたばかりのWSJT-X 2.2.0、いくつかバグがある。Twitterや、このブログのコメントに寄せられた情報等をまとめておく...

WSJT-X.iniファイルを直接編集して希望の表示方法を「true」にする。上の英語表示でスペクトラムの表示方法を変えるのはこれをやっていることと同じ。

ファイルは通常のテキスト。割と下の方の[WideGraph]セクションにある。上の枠で囲ったものが該当部。希望の表示方法のものを「true」と書く(上の例ではCurrentをtrueにしている)。

JTAlertとの連携がおかしい

B4の表示が出たり出なかったりするとのこと。私はJTAlertは使っていないので詳しいことはわからない。こちらのコメントを参照。

WSJT-X 2.2.0-rc1が先日リリースされた。が、そのときはブログが不調でそっちの方の作業を優先していたので見送っていた。rc1だ...

追加情報。SNRがプラスだとおかしいらしい。詳細は上のコメントのスレッドに書いていただいている。

FT-991でhamlibエラー発生

これも、rc3では問題なかったのに、正式版ではエラーが発生するとのこと。rc2でhamlibエラーが起き、その修正でrc3を出したようだけど、正式版ではまた何やらおかしなことが起きているみたい。


WSJT-X 2.2.0、なんだかバグバグしている様子。rc3では問題なかったところでおかしくなってしまっている。何のためのrc版だったのかという気がしないでもない。最後のrc版とGA版はバージョン番号以外は買えちゃダメだと思う。

急ぐ必要がなければ、少し様子見が良さそう。


バグ修正版が出た。 以下、リリースノートから引用。 WSJT-X v2.2.1 is a bug fix rele...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. JH4AWD より:

    スペクトラム表示の情報ありがとうございます。
    不良時のWSJT-X.iniのWideGraph欄を見てみると、4つの表示モードが
    Current=false
    Cumulative=false
    LinearAvg=false
    Reference=false
    となっており、全部否定されてます。そりゃ確かに表示しないわ。
    Currentを直接=Trueに書き換えたら表示するようになりました。

  2. JE1SGH より:

    面白いもんですね.スペクトルが表示されないのはmacOS版も同様でした.
    私も,英語環境にしたり,2.1.xに戻しても復活しませんでした.
    2.2.1を試してみます.

  3. JK1OSG より:

    2.2.1ですが、FT-897でhamlibエラーが出ました。
    FT-857を選ぶと回避できます。
    兄弟機なので一応問題ないかと。
    開発チームに直接メールした方が良いですかね?