同軸ケーブルの長さを測る ~ NanoVNA単体編

NanoVNAのTDR機能を使えば、同軸ケーブルの長さを測ることができる。PCソフト(NanoVNASaver)を使用して測る話はこちらの記事に書いた。

NanoVNA単体でも測定できる。詳しくは、NanoVNA User Guideの「時間ドメインオペレーション」の項を参照。

ここでは、時間ドメインオペレーションのうち、同軸ケーブルの長さを測ることに焦点を当ててまとめる。

まず、トレースの整理。必要なグラフは一つだけ。長さを測る目的なら、LINERが見やすいと思う。

周波数範囲は、STARTは50kHz固定でOK。STOPは測定対象の長さに応じて決める。長いものを測る場合はSTOP周波数は低く、短いものを測る場合は高く。速度係数(短縮率)によるが、67%の場合は、以下の通り。

STOP [MHz] 最大長[m]
100 38.7
200 19.3
300 12.3
400 9.6
500 7.7
600 6.4
700 5.5

今回の対象は、いつものRG-58C/U 10mなので、STOP周波数は250MHzとしてみた。未知の長さのものを測るなら、低めの周波数を設定して、その結果を見て改めてSTOP周波数を変えれば良いだろうと思う。

続いて、DISPLAYTRANSFORMとメニューをたどり、LOW PASS IMPLUSLEを選択する(長さ測定ならこれが見やすい)。

再びメニューを開き、VELOCITY FACTOR(速度係数)を設定する。67%なら「67」と入力する(0.67ではないことに注意)。

もう一度メニューを開き、一番上のTRANSFORM ONをタッチする。

あとは、ケーブルをつなぐだけ。

グラフのピークにマーカを移動させると長さが表示される(右上のマーカの読取り値)。この例では10.2mと出ている。必要に応じて、グラフのスケール(縦軸)を調整して見やすくする。

これを使うと、同軸ケーブルが切断されているところやショートしているところ(全反射を起こす場所)を見つけられる。

周波数ドメイン(通常のモード)に戻るには、TRANSFORM ONをオフにする(もう一度タッチする)。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク