【備忘録】 TR-751 / TR-851のボリュームの修理

TR-751 / TR-851はボリュームの不具合が持病らしい。音量とスケルチが同軸(2軸2連)で、かつ、プッシュ式の電源スイッチを兼ねており、設計に無理がある?手元のTR-751もAFボリュームのガリがひどい。電源を入れる度にガリガリ言うし、回すとふと何も聞こえなくなったり…。

この部品、残念ながら保守部品としてもすでに入手不可らしい。なので、メーカでも修理できないとのこと。ケンウッドは古い無線機でも部品があれば修理してくれるけれど、それもできない状況。

そこで、多くの先達は部品自体を修理している。その辺りの記事を拾っておく。

外付けで対処した例。

ボリュームを特注したという方も。

Yahoo!ショッピングで販売している業者もある⇒ 2軸2連スイッチ付ボリューム(キット品) (TR-751 TR-851 TR-751D TR-851D)

ヤフオク!に特注品を使った部品セットも出ている。Yahoo!ショッピングの業者と同じかどうかは不明。

そうした「互換品」を使って修理した例。リグの分解方法はこちらの記事が詳しい。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク