NanoVNAの出力レベル

ふと気になって、NanoVNAの出力レベルを測ってみた。

測定に使うのは、OSA103 miniのFFTモード。ジャンパJ1は、1-2(50Ω受け)。NanoVNA側は、「CW FREQ」モード。

初めは、怖いので20dBのアッテネータを噛ませてみたが、充分低かったので、ケーブルで直結。

  • 1MHz

-12.641dBm。あまり細かい数字を見ても意味がないけど、一応、表示されている数値を書いておく。FFTの上限は100MHz。矩形波なので、高調波がずらーーーーっと並んでいる。

  • 10MHz

-12.758dBm。高調波は奇数次が主に。

  • 30MHz

-12.894dBm。ここから、FFTは1GHzに。

  • 50MHz

-12.774dBm。

  • 100MHz

-13.551dBm。

  • 200MHz

-15.284dBm。

  • 300MHz

ここからは、高調波を使うようだ。なので、「CW FREQ」モードとしてはあまり意味がないだろうが、一応、数値を拾っておく。基本波: -13.505dBm、300MHz: -26.52dBm。

  • 500MHz

基本波: -8.996dBm、500MHz: -24.13dBm。

  • 900MHz

基本波: -9.098dBm、900MHz: -41.09dBm。

OSA103 miniのFFTが1GHzまでなので、測定はここまで。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク