EXTFSK 1.06 VS EXTFSK64 2.0e

MMTTYを立ち上げていると、CPUパワーをずいぶんと使っていることに気づいた。MMTTYを閉じればCPUのパフォーマンスグラフが一気に下がるので間違いない。

しかし、いろいろいじっていると、MMTTY自体ではなくて、EXTFSKがCPUリソースを大食いしている様子。これも、バージョンによって違うことがわかった。

まず、EXTFSK 1.06を使って、MMTTYで送信している様子(MMVARIで受信)。

そのときのCPUパフォーマンスメータの様子。

送信・受信で目立った違いはない。

続いて、EXTFSK64 2.0eの場合。

こちらの方が明らかにCPUパワーを消費している。

ここで、EXTFSK64からEXTFSKに再び切り換えてみる。

グラフがガクッと下がることがわかる。

上のように64ビット環境でもEXTFSK 1.06で動いているので、EXTFSK64ではなく、EXTFSKを使うのが良さそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク