JLCPCBの梱包が…

先日、FDBM01の追加基板をJLCPCBに発注した。ついでに、別途、紫の基板も試してみることにした。

15日に発注して、16日から製造。17日に基板の製造が終り、そこから部品実装作業に回って、19日に発送。その間に紫基板もできあがった(紫基板のほうが製造が始まったのは早かったけど完了は遅かった)。

発送はStandard Global Direct Lineを選択した。これだとYunExpressになる(日本国内の配達は日本郵便(ゆうパック扱い))。

20日に集荷され、27日に受け取り。

ここまでは概ね想定通りだったのだけど、受け取った品に難あり。

梱包箱が歪んでいる。膨らんだ状態でテープ止めしてあるので、輸送中のトラブルではない。最初からこの状態だったのだろう。

案の定、箱の大きさと中身のサイズが合っていなくて、無理やり蓋を閉めたようだ。単なる基板ならともかくも、今回は部品の実装もしてあるもの。こんな梱包は不安だわ。

ざっと目視した限りでは大丈夫そうだけど…。紫基板は結構濃い目の色(写真の印象よりも実際もっと濃い)。

せっかく基板はしっかり作ってくれるのに、梱包にももっと気を使って欲しい。