Microsoft Basic Optical Mouse v2.0を分解掃除

マウスのホイールの反応が悪い。回転を取りこぼすのか、Webブラウザのスクロールが付いてこない。CPUが忙しくないときでもダメだし、スクロールバーを掴んで動かせば問題ないので、やはり、ホイールの回転の取りこぼしっぽい。センサの辺りにゴミでも付いたか?

ブツはマイクロソフトのBasic Optical Mouse v2.0というもの。要は、USBマウスの一番安いもの(の一つ)。やはり、ネズミにはしっぽがあある方がいいので有線マウスをずっと愛用。

ということで、分解。シールの下に隠しネジが一つ。

やはり、ホイールの付近にホコリがたまっていた。が、大した量でもなかったけど。ともかく掃除して再組立て。

結果は、回転の取りこぼしのような動作は減った。「減った」であってなくなったわけでもないのだけど。それでも、改善したのは間違いない。

もう何年も使っているけど、シンプルなだけに壊れない。これでまだしばらくは使えそう。


結局、ロータリエンコーダの分解掃除までやった。

マウスのホイールの反応が悪いのでこないだ分解清掃した。 少しは良くなったような気がしていたけど、やっぱりどうにもよくない...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク