WSJT-X 2.4.0をインストール

WSJT-X 2.4.0-rc4の起動期限がもうそろそろ切れるなと思って公式サイトを見に行ったら2.4.0が正式リリースされていた。

2.4.0に関する記述の部分を引用。

Latest General Availability (GA) release:  WSJT-X 2.4.0

WSJT-X 2.4provides features and capabilities new since version 2.3, including the Q65 mode and improved rig control.  New features are described in the WSJT-X User Guide here and in the Release Notes.  If you will ues the new Q65 mode, please read the Quick-Start Guide to Q65.

Upgrading from a previous version will be straightforward.  There is no need to uninstall or move any files.  If you want to make sure to  have the latest list of default working frequencies, go to File | Settings | Frequencies, right-click in the Working Frequencies list, and select Reset.

ざっくり、Q65モードの追加ととリグコントロールの向上がポイント。Q65モードについてはこちらがわかりやすい。

旧バージョンからのアップグレードは単にインストールするだけでOKとのこと。ただし、最新の周波数一覧に更新する必要がある(Q65モードの周波数は旧版には入っていないわけだし)。周波数一覧をリセットすればOKだけど、自分で設定したものは消えてしまうので、それを保存しておいて後で読み込む(マージする)。具体的な手順は以前書いたこちらの記事を参照。

WSJT-X 2.2.0-rc1が先日リリースされた。が、そのときはブログが不調でそっちの方の作業を優先していたので見送っていた。rc1だ...

ということで、WSJT-X 2.4.0をインストール。とりあえず、普通に動いている。

モード選択に「Q65」がある。

あれ?よく見たら「JT9+JT65」がなくなっている。どのバージョンからなくなってたんだろ?

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク