NanoVNAでフィルムコンデンサを測ってみる

以前、セラミックコンデンサを測った。

空芯コイルの測定に続いて、手持ちの小容量チップセラミックコンデンサを測ってみる。 以前、「タイプ1」相当のL/C測定アダプタを使って測定し...

今回はフィルムコンデンサを測ってみる。オーディオ帯域で使うつもりで入手したものなので、低い周波数で。と言っても、NanoVNAの下限が50kHzなので、その辺りで。

測定

測定には自作のアダプタを使用。

NanoVNAのケースを作った際に、「余った土地」を利用してLやCを測定するアダプタと簡易キャリブレーションキットを作りました。 申込...

測定対象は、0.1μF(= 100nF)のポリプロピレンコンデンサ。

周波数 測定値
50kHz 102nF
100kHz 101nF
500kHz 104nF

ま、こんなものかな。それにしても画面が汚い。ちゃんと拭けばよかった…。

DE-5000での測定結果と比較

比較として、DE-5000で測定。コンデンサは同じ個体(当然)。もちろん、事前にキャリブレーションを行った。

周波数 測定値
1kHz 103.75nF
100kHz 101.38nF

DE-5000は測定上限周波数が100kHzなのでここまで。これより低い周波数はいくつかのポイントで測定できるけど、100kHzの下は10kHzなのでNanoVNAと比較できないため省略。どのみち、このあたりの値からはそんなには違わない。

ということで、100kHzでの測定値を比べると、ほぼ同じ。ちゃんと測れているようで安心した。


この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク