WSJT-XのFT8で自動対応できない「73」

WSJT-XのFT8ではオートシーケンスでQSOを進めてくのが一般的だと思う。しかし、送られてきた「73」の形式によっては、自動対応できなくて「RRR」を再送してしまう。典型的な例が「TU73」。

この「TU73」は「73」だとは認識できないようで、こちらは「RRR」を再送する。

また、QSOパーティでよくいただくパターンとして「HNY73」。

これも、残念ながら、「73」とは認識しない。

こういうときは、気付き次第、手動対応になる。対応が遅れて「RRR」を繰り返してしまうこともある。ごめんなさい。

WSJT-Xで「73」と認識してくれるのは、「73」の前に空白があるか、「RR73」のようだ(他にもあったような気がするが、思い出せない)。


QSOパーティに参加してみた。数十年ぶり。 せっかくなので、普段よく使っているFT8で(バンドは40m)。 レポートと名前をどうするか?...
スポンサーリンク
スポンサーリンク