uBITX、AFアンプ ~ 386で検討

ヘッドフォンアンプに続いて、スピーカ用のアンプの検討。

そもそも、元々の回路ではオーディオアンプICが飛ぶ事故が多い。

下記サイトによれば、uBITXのAFアンプのIC、TDA2822が壊れるというトラブルがあるらしい。 出力にステレオジャックを使い、そ...

そのためか、新バージョン(r4)では、このICの採用は止めている(ディスクリートトランジスタで構成)。

uBITX、こないだ手元に届いたばかりなのに、もう、新版がリリースされた。まぁ、仕方あるまいが。 The new uBITX boards...

ただし、この新バージョンの回路では、スピーカをドライブするには少々力不足のようで、「ヘッドフォンに良い」みたいに書かれている。

ということで、一般的な386の使用で検討。通常の386ではなく、18V耐圧の386Bで。と言っても特殊なものではなく、秋月電子で扱っているのが386B

構成は、前回検討のヘッドフォンアンプの後ろに386のスピーカアンプを追加する形。

ヘッドフォンプラグを差し込んだら、スピーカアンプは切り離される格好。386の回路自体はごく一般的なもの。

早速、ブレッドボードで試してみるのだけど…。

これが実に安定しない。発振しまくる。とんでもない音が出たり、ブツブツ途切れたり。1-8ピン間をオープンにしてゲインを最小にすれば少しはいいけど、コンデンサをつないでゲインを上げると確実におかしくなる。こんなに配線がワヤワヤしてたんじゃしょうがないか。

出力に入っている発振防止のCRのRが指で触れないほどに発熱。オシロで見たら、見事に発振しているのがわかった(画は撮らなかった…)。386自信も結構熱い…。そうこうしている内に、386から嫌な匂いがしてきてご臨終。二個目を投入してみたけど、これも結構発熱したのでアヤシくなってしまったかも…。こういうゲインの高いアンプの実験はブレッドボードじゃ無理だということを身をもって体験した。

そういえば、こういうアンプ内蔵スピーカを作ったことを思い出した。

前からやろうやろうと思ってたスピーカをようやく作った。HB-1B MK3専用。 HB-1B MK3はヘッドフォンで聞くのが基本なんだろ...

これも、中身は386のごく普通のアンプ。1-8間はオープンで最低ゲイン。

試しに、これをつないでみたところ、何の問題もなく動く。このアンプの電源はuBITX側から取った(別供給ではなく、供給元に関してはブレッドボードの場合と同じということ)。最低ゲインであっても、音量もかなり出る。ここで欲張らずに済みそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク