iネッ時計の接続サーバを調整

iネッ時計のログを見ると、かなりの割合で接続に失敗している。

そのせいではないとは思うけど、大幅に時計が狂ったこともある。

iネッ時計では、接続に失敗しても別のサーバに切り替えて再接続してくれるが、それでもやっぱり失敗が続くのは気持ちよくない。

ということで、接続先の整理。

まず、方針として、ログに接続失敗の記録があるところを削除。ざっと見ると、大学や研究機関が失敗しがち。ISPも自分が契約しているところならともかく、そうでないところは使うのは気が引ける。

調べてみたら、こんなサイトがあった。

NTP/推奨公開サーバ – wiki@nothing
http://wiki.nothing.sh/page/NTP/%BF%E4%BE%A9%B8%F8%B3%AB%A5%…

ここを参考に、接続先はこのようにした。

  • NICT
  • マルチフィード
  • 国立天文台
  • アマノビジネスソリューションズ
  • Google

設定したら、一旦、iネッ時計を終了させる必要があるみたい。立ち上げたままWindowsを再起動したら、せっかく行った設定がパーになって元に戻ってた。

これで接続失敗は、今のところなくなって気持ちいい。

こうしてみると、このPCの時計は概ね進む方向。数時間で0.2秒ほど進む。しかし、時折遅れることもあるようだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク