Gawantもどきの感電ポイント

Gawantもどきにフロートバランを入れたことで、アンテナのGND端子以外は感電しなくなった。

コモンモードチョークを入れれば感電しないことがわかったGawantもどき。 外付けの大きなチョークを挟むのも不格好だし、お手軽さが失わ...

と思ったけど、もう一か所あった。

まずは、アンテナのGND端子。検電ドライバが光る。

もう一か所は、ポリバリコンの止めねじ。

これはビックリした。この止めネジとアンテナのGNDをテスタで当たってみたら、導通していた。アンテナのGNDにはポリバリコンの一端(回転子側かな?)が接続されている。これがそのまま回転軸につながっているんだろう。考えてみれば分かるが、調整中についうっかり触れるとビックリする。

念のため補足しておくと、フロートバランを入れないとあちこちで感電する。無線機側のアンテナ端子は言うに及ばず、SWR検出回路の切替えスイッチ、バンド切替えスイッチと、ありとあらゆる金属部分。エレキーパドルのGNDでも感電した。無線機本体も、もし、塗装されていなくて金属むき出しだったら感電するだろう。

運用時には気をつけよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク