フロートバランの巻数を検討

Gawantもどきの実験、測定関係は一旦置いておき、組み込むフロートバランついて検討する。現状、FT82-43で巻数は17回としているが、本来ならどれくらいが適切なのか?

頼りにするのは、おなじみトロイダル・コア活用百科

「9.2 バランの実際(367ページ)」によれば、フロートバランではインピーダンスは伝送路特性インピーダンスの約60倍が必要とのこと。

その伝送路特性インピーダンスは、バイファイラ巻きなら通常50Ωらしい。平行二線だと線間が線直径の0.5倍で115Ωくらい。1倍(スペース巻き)で160Ω程度。このことから、バイファイラ巻きにした方がいいんだろうけど、そうすると実質の線径が大きくなっておそらくケースの蓋が締まらない。

以上から、ざっくり考えて6kΩを目標インピーダンスとする。

では、FT82-43で6kΩになる巻数を算出してみる。

おぉ!なんと、ズバリ17回!インピーダンスは136µH。でも、実測では118µHだったので、これでのインピーダンスも計算してみる。

約5.2kΩならまずまずかな。

ついでに、いくつか計算してみたので、載せておこう。

暫定的に17回としておいたけど、これで決定で良さそうだ。