NanoVNAで空芯コイルのインダクタンスを測る

市販品コイルを測定。

直径3.5mm、線径0.7mmらしい。実測では、内径が3.35mm、線径が0.55mm。ただし、小さすぎて上手く測れいていない可能性大。

コイルが小さすぎて自作の測定治具の端子に入らず、どうしようかと考えたところ、裏返したら底にちょうどいい感じの穴があった。そこに挿して測定。ただし、何しろ穴に挿しているだけなので、接触に不安あり。また、治具も高い周波数ではアテにならないと思うが、まぁ、参考ってことで。

注: 測定治具の問題で、この測定結果は正しくないように思う。後日、測定し直してみるつもり。

  • 1.5回巻き

  • 2.5回巻き

  • 3.5回巻き

  • 4.5回巻き


空芯コイルの測定に続いて、手持ちの小容量チップセラミックコンデンサを測ってみる。 注: 測定治具の問題で、この測定結果は正しくないように思...
この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク